キャンプ用品

【初心者向け】キャンプ用小物を整理するには収納ボックスがあると便利!

RVボックス

キャンプでは食器やガスボンベやシングルバーナーなど、持っていく小物がたくさんあります。

ばらばらと持っていくのは車に載せるのも大変ですし、どこにあるか分からなくなってしまいます。

そんな時に活躍するのが収納ボックス!

今回はその収納ボックスが必要な理由、収納方法、おすすめの収納ボックスをご紹介します。

小物の整理に収納ボックスは必須

キャンプに必要な小物って意外とたくさんあります。

食器、カトラリー、スポンジや石鹸、LEDランタンや電池、ガスボンベ、シングルバーナー、蚊取り線香などなど・・・。

キャンプに行くたびに毎回これらを一つ一つ積んで行くのは大変ですので、ひとまとめにしたいですよね。

となると、袋に入れればいいかと思うとそうではありません。

袋の欠点は中身の探しにくいところです。

じゃあ到着したら袋から全部出してしまえ!となると、すぐに使わないものまで外に出すことになるので、片付けが手間、物が散乱していて邪魔になり不便です。

そんな時に便利なのが収納ボックスです。

きっちりと整理しておけばどこに何があるかすぐわかり、必要なものだけ出せばいいので物があふれることがありません。

キャンプへ出発する時は収納ボックスを持っていけばよいですし、撤収時も収納ボックスを積み込めばいいだけなので楽ですね。

キャンプ道具の収納に便利な収納ボックスはぜひ持っておきたいところです。

[alert title=”注意”]収納ボックスの中にに空きがあると、車の積載を圧迫するというデメリットもあります。その点は袋に入れたほうが柔軟に対応できますが、適切なボックスのサイズを選べばデメリットもクリアできるかなと思います。[/alert]

収納ボックスの使い方

収納ボックスの使い方について簡単にご説明します。

同じシーンで使うものは同じボックスに

たくさんの小物を1つのボックスに入れすぎると箱の中がごちゃごちゃになって、探しにくくなってしまいます。

また、食器類と土などで汚れたものを一緒に入れたくはないですよね。

小物を使うシーンでボックスを分けるといいでしょう

例えば我が家ではこのように分けています。

ボックス整理

あまりキレイにはなっていませんが・・・笑

右は食器、ケトルなどの食事に使うもの。左はそれ以外という分け方にしています。

さらに小分けをすると整理ができる

大きいボックス内でさらに小分けにするときれいに整理できます

これは私もあまりできていないところですが・・・。

食事に使う箱の中で、食器類はカゴに入れてあります。

ボックス小分け

このようにバラバラになるものは小分けするとさらに便利です。

使っているのは無印良品のステンレスワイヤーバスケットです。

無印バスケット

洗い場にこのワイヤーバスケットに入れて持っていき、洗ったあとは乾かせるので便利です。

100円ショップとかにもいろいろ小分けするものがあるので、自分のボックスにぴったりの小分けボックスを用意するといいでしょう。

スポンサーリンク

おすすめの収納ボックス

ここからはおすすめ、定番の収納ボックスをご紹介したいと思います。

アイリスオーヤマ RVBOX

RVボックス

定番の収納ボックス。我が家でも使用中です。

安くて頑丈、コスパとしては最強でしょう。

サイズ、形も豊富です。

サイズは400や600を使っている人が多いですね。我が家は600です。

欠点としては見た目のおしゃれ感でしょうか・・・。工具箱のようなイメージがあるせいかなんとも・・・。

でもコスパは最強ですので見た目が気にならなければ超おすすめです!

無印良品頑丈収納ボックス

頑丈収納ボックス

正式名は「ポリプロピレン頑丈収納ボックス」。

頑丈さはアイリスオーヤマのRVBOXに負けず劣らず。さらに見た目はシンプルでRVBOXよりもよい!ということでキャンパーには人気の製品です。

特大、大、小の3種類あります。使いやすいであろう大でも価格は1,800円(記事作成時現在)とかなり良心的な価格設定です。

大か小を使う人が多いんじゃないでしょうか。

スノーピークシェルフコンテナ

シェルフコンテナ

スノーピークのシェルフコンテナ。通称シェルコンです。

金属製でかっこよく、大人気のコンテナです。

さらにすごいのが、変形します

シェルコン重ね

開いて重ねることができます。下にあるものも取りやすくなりますね。

変形とか完全に男心をくすぐりに来てますね。

ほら、変形ロボとか好きですよね。男子共通の憧れです笑

欠点はその値段。25と50という2サイズありますが、小さくて安い25でも約10,000円!

さらに、天板がないので、上に物を乗せる場合は、天板を自作したり、別のもので代用する必要があり手間とお金がかかります。

あとボックス自体が金属製で重いという欠点もあります。車に載せちゃえばそこまで気にならないですが、大きいサイズのシェルコン50に荷物をたっぷり詰めるとかなりの重さになります。

そんな(主にお財布面の)欠点もありつつ、大人気で一時期品切れが多発するほどでした。

使いやすさとかっこよさは抜群!おすすめできる一品です。

あわせて読みたい
シェルコン重ね
スノーピークのシェルフコンテナ(シェルコン)25/50を徹底比較!スノーピークのシェルフコンテナの25と50の比較レビューです。シェルコンことシェルフコンテナの25と50を手に入れたので、既に使っていたRVBOXとの比較も交えてご紹介します。...

まとめ

収納ボックスについてまとめてみました。

キャンプ用の小物をまとめるには必須の収納ボックス。

自分にあったサイズ、デザインを選んで「運搬を楽に!」、そして「見た目もキレイに!

快適なキャンプを目指しましょう!

あわせて読みたい
シェルコン重ね
スノーピークのシェルフコンテナ(シェルコン)25/50を徹底比較!スノーピークのシェルフコンテナの25と50の比較レビューです。シェルコンことシェルフコンテナの25と50を手に入れたので、既に使っていたRVBOXとの比較も交えてご紹介します。...
ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして頂けるとポイントが増えます。
応援のほど、よろしくお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
ABOUT ME
うとり
「親子の体験&遊び」をテーマにファミリーキャンプや旅行の情報を発信している30代ブロガー。気になったデジモノなども紹介。シーズン中は月1でキャンプ出撃。サラリーマンの1児のパパ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。