【初心者向け】キャンプ用品って何を揃えればいいの?

キャンプ場遠景

まずキャンプをするためには道具を揃えなければいけません。
でも何が必要なんだろう?
そんな疑問にお答えするために、何を揃えればいいかまとめてみました。

必要なもの

必要なもの、あったらいいなというものに分けてみました。
春から秋にかけての割りと暖かい時期にキャンプすることを想定しています。

テント

テント画像

まずは寝床となるテント。
コールマンやスノーピークのテントが定番ですね。

参考記事⇒【初心者向け】テントの選び方のポイントはこれ!オススメのテントは?

寝袋(シュラフ)

シュラフ画像

シュラフって呼びます。
寒いとホントに寝られません。
学生時代に友人と11月頃に山にキャンプ行ったら全然眠れませんでした。
行ったことを後悔します。
真夏の平地ならなんとかなりますが、山だと涼しかったりします。
家の毛布とかでも代用できます。
可能ならばそこそこ値段のする寝袋を買うことをおすすめします(寝心地に直結します)。

参考記事⇒【初心者向け】シュラフ(寝袋)の選び方!どんな種類があるの?

マット

テントマット画像

テントの地面に敷くものです。
地面の凸凹で痛くなるのを防止したり、地面の寒さをカットする役目があります。
石があると痛くてほんとに眠れないです。
安いものは銀マット、そこそこするEVAマット、高いインフレーターマット等の選択肢があります。

参考記事⇒【初心者向け】快適な睡眠を!テントマット選び!

テーブル

テーブル画像

ご飯を食べたりするテーブルです。
イスと一体になっているものもありますが、使い勝手はあまりよくありません。
それぞれ独立しているものをおすすめします。
コールマンのロールテーブルとかは高さも変えられるのでおすすめです。

参考記事⇒おすすめのキャンプテーブルはこれだ!キャンプテーブルの選び方

イス

チェアワン画像

種類はいろいろあります。
テーブルの高さと合ったものを使いましょう。

参考記事⇒【初心者向け】キャンプチェアの選び方まとめ!

コップとかお皿とか箸とか

食事の時に使うもの。家にあるものでも代用できます。

タープ

タープ画像

これは必須なものに入れるか迷ったのですが・・・。
日差しを遮る屋根のようなもの。
炎天下や雨だと必要になります。
ヘキサタープやレクタタープ等の種類があります。
スクリーンタープと呼ばれる天井や壁の部分が布に覆われているものもあります。
スクリーンタープの場合、夏の虫除け、冬の寒さ除けには便利です。
また、最近はテントタープが一体化しているものもあります。

参考記事⇒【初心者向け】タープの選び方!おすすめタープも紹介!

ランタン(LED)

スマイルランタン

夜の明かりとして必要です。
LEDのものが簡単かつ安全で便利です。

参考記事⇒【初心者向け】ランタンの種類はどれがいい?LED?ガス?ガソリン?

以上のものがあれば、最低限キャンプができます。
外で寝て食べることができればなんとかなります。

あるといいもの

ここからはあったら便利かつ優先的に用意するものです。

焚き火台orBBQコンロ

ファイアハンガー

大半のキャンプ場で直火の焚火(地面で直接焚き火をすること)は禁止されています。
焚き火台という台を使います。
焚き火台に網を置けばBBQにも使えます。
専用のBBQコンロを用意してもいいですが、焚火にも使える焚き火台を買うのがいいでしょう。
ユニフレームやスノーピークの焚き火台が定番です。

参考記事⇒【初心者向け】おすすめ焚き火台の選び方

テント用グランドシート

グランドシート

テントと地面の間に敷くビニールシートです。
専用のものも売っていますが、市販のビニールシートでも代用できます。
地面の寒さを防ぎ、テントの底から夜露等で浸水するのを防ぎ、テントが地面の石等で傷つくのを防ぎます。

参考記事⇒グランドシートは必需品!おすすめはどれ?

クーラーボックス

食材や飲み物を入れておくもの。
肉等の痛みやすいものを保存しておくには必須です。

まとめ

以上が「必要なもの」「あるといいもの」でした。
さらに快適にすごしたり、便利やおしゃれなグッズはたくさんあります。
必要なものを買い揃えたあと、徐々に買い足していきましょう。

また最近はキャンプ場でレンタルできるところもたくさんあります。
レンタルで使ってみて、気に入ったら購入するのもアリでしょう。

それでは楽しいキャンプライフを!

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す