【初心者向け】キャンプチェアの選び方まとめ!

チェアワン画像

キャンプ道具選び方シリーズ。

今回はキャンプチェアの選び方です。

キャンプテーブルと同じく、チェアも性能などの縛りが少ないので、選ぶのに迷ってしまいます。

そんなチェアの選び方をご紹介します。

キャンプチェアを選ぶポイント

以前ご紹介したキャンプテーブルの選び方とポイントは似ています。

チェアを選ぶポイントを4つご紹介します。

1.テーブルの高さ

以前ご紹介した「キャンプスタイル」が選ぶポイントになります。

目指したいキャンプスタイルに合わせて、チェアの高さを決める必要があります。

テーブルと違う点は、チェアには高さを調節できるものが少ないこと。

あとでスタイルを変更するとなると買い換えることになるので注意!

お座敷スタイルの場合はチェアはなくても大丈夫です(座椅子を用意することはあります)。

2.収納時の大きさ

キャンプ道具を運ぶ場合の積載能力に合わせ、収納時の大きさを考慮する必要があります。

車でのオートキャンプなのか、ツーリングキャンプなのかによって変わってきます。

ミニバンなどの大きな車で積載が問題なければそこまで気にする必要はないですが、積載が少ない場合はコンパクトになるチェアが必要になります。

3.デザイン

枠が木製か、金属製か、柄はどんな柄なのか、背もたれの有無、背もたれの大きさなどデザインのポイントはたくさんあります。

いろいろなものを探していって自分にあったものを選ぶしかありません。

4.座り心地

これははっきり言って現物に触れてみるしかありません。

なかなかネットサーフィンではわからないポイントです。

実際にショップに展示してあるものに座ってみるか、知り合いが持っていれば借りてみたりするのもよいかもしれません。

座った時のバランスがよかったり、背もたれの角度がよかったり、立ち上がるのが意外と面倒だったりいろいろあります。

ネットの評判だけで買って、後悔したということのないようにしましょう。

おすすめのキャンプチェア

おすすめのチェアをいくつかご紹介します。

ヘリノックス チェアワン

コンパクト、軽量、座り心地○と3拍子揃ったチェア。ロースタイル向けです。

オートキャンプにもツーリングキャンプにも、音楽フェスなどにもおすすめできるチェアです。

ヘリノックスのチェアには、定番のチェアワンの他にもさらに軽量化したチェアゼロやさらに座面が低いグラウンドチェアなどがありますのでお好みでどうぞ。

値段がそこそこするのですが、最近は安価なチェアワンの類似品も出ています。製品の信頼性はヘリノックスに軍配が上がります。類似品は自己責任で。

ちなみにヘリノックスの製品はモンベルで販売していますが、ふるさと納税を利用して実質2,000円の負担でお得にゲットすることもできます。

スノーピーク ローチェア30

スノーピークのローチェア。名前の通りロースタイル向けです。

ヘリノックスのチェアワンに比べて、背もたれが大きく座り心地は抜群です。

一方であまりコンパクトにはなりません。オートキャンプ専用ですね。

コールマン リゾートチェア

座面高40cmとハイスタイル向け。

椅子は人数分揃えなければならないので、安価に済ませるにこしたことはありません。

2,000円ちょいとかなり手の出しやすい価格です。

サブテーブルがない場合は、肘掛けのコップ入れが地味に便利だったり。

キャプテンスタッグ アルミ背付ベンチ

ちょっと趣向を変えてベンチ。

今人気の、通称「鹿ベンチ」です。

アウトドア用品の鹿といえば、ロゴマークが鹿のキャプテンスタッグ。そのキャプテンスタッグから販売されているベンチです。

背もたれが元々は緑一色であまりオシャレとは言えなかったのですが、カモフラ柄も発売され、一気にオシャレ度アップ!

布を自作して交換している人もいるようです。

2人用かつ5,000円前後で手に入るということで、お手軽に購入できます。

ちょっとした荷物置きにもなるので活躍すること間違いなし!

番外編 おすすめできないチェア

これはテーブルの記事にも書きましたが、テーブルと椅子がセットになって繋がっているようなものはあまりおすすめはしません。

見た目以上に使いづらく、座り心地もよくありません。

もし長くキャンプを続けようと思うのであれば、テーブルと椅子が独立した、それなりのものを購入することをおすすめします。

まとめ

キャンプチェアの選ぶポイント、おすすめのチェアをまとめてみました。

チェアで大事なのはやはり座り心地!ネットなどである程度目星をつけたら実際にショップに見に行ってみましょう!

テーブルとの組み合わせも大切なので、ぜひいろいろ悩んでピッタリのチェアを見つけてみてください!

合わせて読みたい

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す