ロースタイル?ハイスタイル?お座敷?スタイルを決めよう!

お座敷スタイル画像

昨今のキャンプはロースタイルがブームです。

そもそもスタイルって何?決めなきゃいけないの?っていうお話。

キャンプスタイルって何?

みなさんのキャンプスタイルってなんでしょう?

そもそもスタイルって何?って人も中にはいるかもしれません。

キャンプスタイルは主にリビングスペースの椅子やテーブルが高いか、低いかで決まります。

個人的には「キャンプってこうやらなきゃいけないよ」って決まりは嫌い(もちろんマナーを守ることは大前提ですが)なので、「スタイルはこれ!」って決めつけるのも気が乗らないのですが、スタイルを決めないと椅子やテーブルの高さがバラバラになって、過ごしにくくなってしまいます。

逆に言うと、使いやすいテーブルや椅子を揃えていくと、自然とスタイルが決まってくるということですね。

これから道具を揃えるよって人は、ある程度スタイルの方向性を持っておくと、使いづらい道具を無駄に買うこともなくなります。

スタイルは主に「ハイスタイル」「ロースタイル」「お座敷スタイル」の3つに分かれます。

それぞれメリット、デメリットをまとめてみました。

ハイスタイル

f:id:utori:20171004221305j:plain:w400
出典:コールマン

ハイスタイルはテーブルの高さが約70cm、椅子の座面の高さが約40cmです。

一般的な家庭のダイニングをイメージするとちょうどいいでしょう。

メリット

  • 座面が高く座ったり立ったりがしやすい
  • 食事や調理がしやすい
  • 比較的やすい道具が多い

デメリット

  • 荷物が大きくなる
  • 子供が落ちたりする危険がある
  • 焚き火の時に高さが合わない

ロースタイル

f:id:utori:20171004222326j:plain:w400

ロースタイルはテーブルの高さが約40cm、椅子の座面の高さが30cm前後です。

メリット

  • 荷物がコンパクトになる
  • 視線が低くなることで天井までが広く感じる
  • 見た目がおしゃれ(感じ方には個人差があります笑)
  • 焚き火にベストな高さ

デメリット

  • 座ったり立ったりがしづらい
  • 食事や調理がしづらい(前かがみになる)

お座敷スタイル

f:id:utori:20171004223657j:plain:w400

お座敷スタイルはレジャーシートやマットの上で過ごすスタイルです。座椅子やクッションを使う人もいます

メリット

  • 椅子なしで安く済む、荷物も少ない
  • 靴を脱いでリラックスできる
  • そのまま横になれる
  • 子供が寝ることができ安全

デメリット

  • 雨や風、砂などの汚れに弱い
  • 焚き火をするなら別途椅子がほしい
  • 地面の材質によっては尻が痛い
  • 靴の脱ぎ履きが面倒

どうやって決めたらいい?

スタイルについてはどれが正解というものはなく、最終的には好みの問題です。

自分が過ごしやすいスタイル、かっこいい、おしゃれと思うスタイルでキャンプしましょう。

強いて言うなら、子供が小さければお座敷かロー、BBQ中心で安く揃えたいならハイ、焚き火中心にゆったりしたいならローって感じでしょうか。

先程も書いたとおり、決まりはありません。

しかしこれから道具を揃える場合、ハイスタイル→ロースタイルまたはお座敷スタイルへの変更、またその逆はテーブルと椅子を一式買い換える必要が出てきますので、出費が大変なことになります。

あらかじめネットで他の人のスタイルの画像を見たり、アウトドアショップで実物を見たりしてイメージを固めてから揃えるのがいいと思います。

自分にぴったりのスタイルを見つけてみましょう!

合わせて読みたい

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す