超簡単なキャンプ飯!カートンドッグを作ってみよう

カートンドッグ

親子でも楽しく簡単に作れる「カートンドッグ」はおすすめのキャンプ飯。

牛乳パックを燃料にして作るホットドッグです。

先日チャレンジしてみましたので、今回はそのカートンドッグの作り方をご紹介します。

材料

食材

  • コッペパン
  • ソーセージ
  • キャベツ
  • ケチャップ
  • マスタード

準備するもの

  • 牛乳パック
  • アルミホイル

1.コッペパンに具材を詰める

f:id:utori:20171016223933j:plain:w300

コッペパンに切り込みを入れて、具材を詰めます。

長いコッペパンが手に入らなかったので、小さめのコッペパンを複数使いました。

f:id:utori:20171016223941j:plain:w300

今回はシンプルにソーセージとキャベツの千切りにしました。

キャベツをレタスにしてもよいし、チーズとかを入れてもおいしいと思います。

2.アルミホイルで巻いて、牛乳パックに詰める

f:id:utori:20171016223951j:plain:w300

具材をアルミホイルで包んで、牛乳パックに入れます。

ポイントはアルミホイルをゆるめに巻くこと。空気の層を作るつもりで巻きます。

焦げ防止のために、アルミホイルは2重に巻くとよいです。

今回はパンが小さかったので牛乳パックに2個詰めたら少しはみ出しました笑

3.牛乳パックに火をつける

f:id:utori:20171016224002j:plain:w300

焚き火台など火をつけてもよいところに詰めた牛乳パックを並べ、

f:id:utori:20171016224012j:plain:w300

口の部分に火をつけます。

あとは燃え尽きるのを待つだけ。

4.ケチャップやマスタードをつけたら完成

f:id:utori:20171016224049j:plain:w300

こんな風に焼けました。

f:id:utori:20171016224019j:plain:w300

ケチャップとマスタードをお好みでつけます。

見た目が汚いですがあまり気にしないで下さい笑

お味の方は・・・

もちろんおいしかったです。

こんなシンプルな料理なので、もちろんある程度想像したとおりの味ですが笑

大自然の中で食べればさらにおいしく感じますね!

焦げた部分は若干苦く感じるのでお子さんは注意!

カートンドッグは朝ごはんに最適!

牛乳パックが燃料になるというユニークなキャンプ飯。

子供でも安全簡単に作れちゃうので、料理初挑戦時などにいかがでしょうか!?

手軽に作れるので時間のない朝ごはんとかにぴったりですね。

是非お試しあれ!

合わせて読みたい

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す