バーベキューの火起こしで大活躍!チャコスタのススメ

チャコスタ画像

バーベキューは楽しいですが、大変なのは火起こし。

その火起こしで大活躍間違いなし!チャコスタのご紹介です。

チャコスタとは?

キャンプでの定番バーベキュー!あるいはキャンプまでしなくても友人とバーベキューという方もいらっしゃると思います。

しかしバーベキューをする時にまず大変なのが火起こし。

火起こしが上手くいかないとせっかくの楽しいバーベキューなのにイライラしたり、火起こし係が冷ややかな目で見られてしまいます笑

ネットで検索すると、いろいろな火起こしのコツが出てきます。
炭の積み方だったり、団扇の扇ぎ方だったり。

そんなコツなど一切必要なくなる魔法のような道具があります。

それが「チャコスタ」です。

正式名称は「チャコールスターター」、略して「チャコスタ」です。

我が家で使っているのはコレ。キャプテンスタッグのチャコスタです。

1,000円台と非常に安価、何十回か使っていますが壊れる気配はありません。

たたむとコンパクトになるので積載にも困りません。

他にもユニフレームやコールマンから同様の商品が出ています。基本性能はあんまり変わりないと思っていただいて大丈夫です。

このように、たためないですが、火消し壷とセットになっている商品もあります。

火消し壺は炭の後片付けに使います。

全て灰になってしまってればよいですが、食べ終わった時にまだ炭が火がついたまま残っているときがあります。

もったいないので次回も使いたいなーって時に火消し壺に炭を入れて火を消せば、次回も使えるよって代物です。

備長炭とかの高くていい炭を使う時は活用したいですね。

火おこし器の使い方

使い方はめっちゃ簡単。

f:id:utori:20170903124018j:plain:w700

このようにBBQコンロや焚き火台の上にチャコスタを乗せ、上から炭を入れます。

下に着火剤を置き火をつけて、チャコスタを着火剤の上に被せるように置きます。

そのまま放置すれば炭が真っ赤になるくらいまで勝手に火が付きます。

以上!簡単です!

一生懸命団扇で扇がなくても、火をつけてビールを飲んで待ってるだけで勝手に火起こしができちゃいます!

火がつく仕組み

なんで火が簡単につくんでしょう?

煙突効果って言うらしいのですが、チャコスタの下部にある穴から空気が入り、熱された空気がチャコスタの上部から出ていくという空気の流れができます。

団扇で扇がなくても勝手に酸素が供給されるんですね。

それで効率よく火が燃え上がり、炭に燃え移るという仕組みです。

まとめ

バーベキューには必需品とも言えるチャコスタ。

これがあれば火起こしに苦労することはありません!

友人とのバーベキューではヒーローになれます!!笑

値段もお手軽ですし、一家に一台購入しちゃいましょう!

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村