キャンプ用品

サーカスTCとインナーセットハーフを購入!少人数キャンプに最適のテント!

サーカスTC完成画像

テンマクデザインから販売されている大人気のワンポールテント、サーカスTC。

ポリコットンという素材でありながら、3万円台という破格の安さが人気のテントです。

ソロ〜デュオキャンプにぴったりのこのテントを手に入れたので、早速レビューします。

さらに、新発売となったインナーセットハーフも購入したので、そちらも合わせてご紹介します。

サーカスTCとは

サーカスTCの基本情報

サーカスTC画像

サーカスTCとは、テンマクデザインから販売されているワンポールテントです。

ワンポールテントって何?って思った方は、テントの種類について「【初心者向け】テントの選び方のポイントはこれ!オススメのテントは?」に詳しく書いてあるのでそちらもご覧ください。

あわせて読みたい
テント画像
【初心者向け】テントの選び方のポイントはこれ!オススメのテントは?今回はテントの選び方についてです。 キャンプにおいてテントは大切。 安い買い物ではないのでこだわりたいですよね。 選ぶ...

サーカスTCはワンポールテントですので、設営が非常に楽!そして形もおしゃれ!

サイズはこんな感じです。

サーカスTC大きさtent-Mark DESIGNホームページより

ポールの高さが280cmあるので、大人でも十分立つことができます。

うとり
うとり
テントの中で立てると着替えとかもしやすくてGOOD! 

サーカスTCの特徴その①ポリコットン生地

サーカスTCファスナー

サーカスTCの大きな特徴はその生地。

ポリコットン生地と呼ばれる、ポリエステルとコットンの混紡生地です。

ポリコットンの特徴は、このようになります。

  1. 火の粉に強い(穴が空きにくい)
  2. 結露しにくい
  3. 適度な通気性と遮光性(夏は涼しく冬は暖かい)

混紡生地なので、それぞれの素材の良さをいかしており、まさにテントにうってつけの素材!

よめ
よめ
近くで焚き火をしても穴が空きにくいのは、焚き火大好きなキャンパーにとってはありがたいですね。 

サーカスTCの特徴その②驚きの3万円台!

ポリコットンの生地で作られた本格的なテントは高くなりがちです。

ノルディスクのテントだったり、ogawaのテントだったりありますが、10万円を超えるようなものもしばしば・・・。

そんな中、このサーカスTCは、なんと、31,800円+税!

3万円台で購入することができます!

うとり
うとり
安いっ!

ちなみに、2018年から値上げになりました。値上げ前は29,800円+税だったので、2,000円アップです。ファスナーが変更になりました。詳しくは後述。

さらに安く手に入れるには・・・

WILD-1の店舗が近隣にあれば、株主優待でさらに安く手に入ります。

15%OFFの株主優待券がメルカリなどで1,200円もあれば手に入ります。

税込後が15%安くなるので、消費税が8%だとすると、

通常の場合・・・31,800円×1.08=34,344円

株主優待利用の場合・・・31,800円×1.08×(1-0.15)+1,200円=30,392円!

かなりお得ですね!

詳しくは「WILD-1ギフト券vs株主優待!どっちがお得?」をお読み下さい。

あわせて読みたい
wild-1セールはがき
WILD-1ギフト券vs株主優待!どっちがお得?アウトドアショップ「WILD-1」 定期的に行われるギフト券還元セールのお知らせが来ていました。 またWILD-1では株主優...

少々脱線しましたが、3万円台でポリコットンのテントが買えるのはとんでもなくお得です。

うとり
うとり
テンマクデザインさん、やりますね!

2018年のリニューアルについて

サーカスTCは2018年にリニューアルし、同時にさきほど書いた通り値上げをしました。

リニューアルしたのはファスナー。

箱に「NEW」のマークとともに、「冬の凍結に動かしやすいビスロンファスナー使用」と書いてあります。

リニューアル箇所

そのビスロンファスナーがこちら。

サーカスTCファスナー

普通のファスナーとは確かに形状が違います。

樹脂製なので凍結しても動かしやすいらしいです。

今回の使用は凍結するほど寒くなく・・・。

1時間に8mmの大雨かつ強風の中使いましたが、風が打ち付ける側のファスナーからはおそらく若干水が侵入していたようですので、強い耐水性があるわけでもないようで。

あまり違いを実感することができませんでしたが、真冬の雪中キャンプなどに出かける場合は実感できるんじゃないでしょうか?

サーカスインナーセットハーフとは

サーカスインナーセットハーフの基本情報

インナーセットハーフ

サーカスインナーセットハーフとは、サーカスTCのオプション品の、グランドシートとインナーテントがセットになった商品です。

サーカスTCと同じく、テンマクデザインから販売されています。

サーカスTCはこのように、地面とテントの間に隙間があります。

サーカスTC画像

虫のいない寒い時期ならよいですが、虫が活動する時期はこの隙間から虫が入り放題です。

寝ている時に蚊に刺されたり、虫が上ってきたりは嫌だ!

そんな人のために、このインナーセットが発売されました。

実は、サーカスTCの床面をフルにカバーする「サーカスインナーセット」は以前より販売していました。

サーカスインナーセットインナーセット画像 tent-Mark DESIGN公式HPより

しかしこれだと道具や靴を置くスペースがありません

靴を脱ぐと外に置くしかなく、雨が降った時に濡れてしまうなどの欠点がありました。

その欠点を補うべく、2018年に新発売されたのがこの「サーカスインナーセットハーフ」なのです。

サーカスTC完成画像

このように、インナーテントが中に引っ込んで土間スペースができています

サイズを見てみましょう。

インナーセットハーフサイズtent-Mark DESIGN公式HPより

サーカスTCは正五角形でしたが、インナーセットハーフはこのように変則の五角形になっています。

引っ込んでいる部分の長さは書いてないですが、およそ1mくらい引っ込んでいる感じです。

サーカスインナーセットハーフ特徴①土間スペースがある

土間スペースについては上で説明した通りです。

これまでのフルインナーと比べても、使い勝手がかなり向上しています。

サーカスインナーセットハーフ特徴②インナーテントがメッシュ

インナーセットハーフ

インナーテントはこのようにメッシュ素材になっています。

虫の侵入を防ぎつつも、風が通って涼しく過ごすことができます。

サーカスインナーセットハーフ特徴③セットでお得!

インナーセットハーフはグランドシートとインナーテントがセットになっています。

浸水を防いだり、インナーテントを保護するためにはグランドシートは必需品ですが、ぴったりのサイズのグランドシートがセットになっているのは嬉しいところ。

16,800円+税とそこそこの値段がしますが、サーカスTCのところで説明したとおり、株主優待で15%OFFにすれば、少しはお得に購入できます!

あわせて読みたい
wild-1セールはがき
WILD-1ギフト券vs株主優待!どっちがお得?アウトドアショップ「WILD-1」 定期的に行われるギフト券還元セールのお知らせが来ていました。 またWILD-1では株主優...

スポンサーリンク

サーカスTCの張り方

サーカスTCはワンポールテントなので超簡単に張ることができます。

説明をしていきます。

まずはペグを打っていきます。

サーカスガイド

このような五角形のガイドが付属しています。

 

五角形の頂点からこのように紐を伸ばし、

ガイド伸ばしたところ

伸び切ったところにペグを打ちます。

スチールペグが付属していますが、心もとないのでソリステに変えました。

 

ペグを五角形の5本打ち終えたら、幕を広げて5箇所に幕をを引っ掛けます。

ペグを引っ掛ける

 

幕のてっぺん近くにベンチレーター(換気穴)を支えるベロンとしているものが2本あるので、マジックテープで取り付けます。

ベンチレーター① ベンチレーター②

 

ポールを組み立て、

サーカスポール

幕の内側にポールを持って入り、このポール受けにポールをはめてポールを立てればほぼ完成。

ポール受け

 

こんな感じに立ちます。

サーカスTC画像

紐がついているので、

サーカス紐

この2箇所に結んで、ペグダウンしましょう。

また、スカートの中央部分にゴムがついているので、これもペグダウンします。

風に強くなります。

中央ペグ

これで終わりです。

20分もあれば簡単に終わりますし、慣れれば迷う部分もないと思います。

インナーセットハーフの取り付け方

インナーセットハーフの取り付け方ですが、説明書通りにやるとめちゃくちゃ大変です。

説明書の手順では、

サーカスTCを張る⇒インナーセットハーフを取り付ける

となっています。

これを見ると、「じゃあ昼間はインナーテントなしで過ごして、寝る時に取り付けよう」と思っちゃうかもしれませんが、とんでもなくめんどくさいことになります。

最初からインナーテントを付ける」or「インナーテントは使わない」の2択にしたほうがいいです。

とりあえず、説明書通りに取り付けたので、説明をします。

ハーフインナーセット収納

ハーフインナーセットはこの2つの袋に分かれています。

小さいほうがグランドシート、大きい方がインナーテントになります。

まずグランドシートを広げます。

「光沢がある方が表」と書いてあるのですが、

グランドシート光沢

どっちが光沢か分かりません!!!

一番右の色の濃いほうが表かと思います。

だって薄いほうにこの説明書きがついていたから。

説明書き

たぶんこれがあるほうが裏でしょう!(間違っていたら誰か教えてください)

次に、インナーテントとグランドシートの真ん中にポールを通す穴があるので、それを、

  1. インナーテントの天井
  2. インナーテントの床
  3. グランドシート

の順に3つの穴をポールに通せと書いてあります。

が、これに大苦戦。

当たり前ですが、サーカスTCの全重量を1つのポールで支えているので、倒れないようものすごい力がかかっています。

これを持ち上げて穴を通すのにめちゃくちゃ苦労しました。

2人ならまだしも、1人の場合は大変です。

ポールを下ろして穴に通したほうがいいと思います。

じゃあそもそもサーカスTCを立てる前にやったほうがいいんじゃないかと・・・。

 

気を取り直して進みます。

グランドシートの頂点5箇所ををサーカスTC本体のペグに引っ掛けます。

グランドシート

これもですね、付属のスチールペグならまだしも、ソリステを思いっきり地面に打ち込んでいると引っ掛ける隙間なんてないんですよ。

ということで一部ペグの打ち直しになりました。

これまたサーカスTCを立てる前にやったほうがいいと思う理由の1つ。

 

インナーテントも同じ箇所のペグに引っ掛けます。

そしてインナーテントの中に入り、天井部分のフックを、サーカスTCのポールのフックに取り付けます。

インナーテントフック

写真取りましたが、何がなんだかわからないですね笑

インナーテント取り付けが大変すぎてイライラしてたので、撮り直ししませんでした笑

 

最後にインナーテントの地面のポール部分のカバーをし、

インナーテント足

完成!!

インナーテント完成

なんとか取り付けができました。

 

この取り付け順序。

すごく大変で違和感がありましたが、この動画を見つけて納得しました。

テンマクデザイン公式のフルインナーセットも含めたテントの張り方動画ですが、

サーカスTCとインナー同時進行してるやん!!

この動画の順序では、

・サーカスTCの幕を広げる前にグランドシートを広げてペグに通す

・ポールを立ち上げる前にインナーテントを通す

となっています。

これだとポールを通すのに四苦八苦したり、ペグを打ち直したりすることはないと思います。

てか公式にこう書いてあるのであれば、説明書もその順序で書いてくれればよかったのに・・・。

 

以上のように、インナーセットハーフは、サーカスTC完成後の取り付けは大変だということがわかりました。

よってインナーセットハーフは最初から取り付けるか、または取り付けないかのどちらかを選ぶのがおすすめです。

スポンサーリンク

サーカスTCを実際に使った感想

サーカスTC使用中

サーカスTCを実際に使ってみた感想です。

ソロ〜デュオキャンプにはぴったりのテント

サーカスTCのサイズは1人〜2人にぴったりです。

3人以上の場合、ハーフインナーテントを使わずにコットを並べるか、フルインナーセットを使えば4人くらいまで使えなくはないですが、寝る場所だけで占領してしまいます。

個人的にサーカスTCの魅力は、「リビングスペースと睡眠スペースが一緒になっている(かつ簡単に設営できる)テント」という点だと思っているので、3人以上で寝る場合は「テント(サーカスTC含む)+タープ」という使い方のほうがベターなんじゃないでしょうか。

一方、2人以下の場合、サーカスTCの魅力が最大限発揮できます。

そういう意味で、1〜2人がぴったりだと思います。

逆に、ハーフインナーセットを使う場合は2人以下限定になります。

ハーフインナーセットコット入り

ハーフインナーセットにコットを入れるとこんな感じです。

スペースがほとんどないですね。

3人以上は難しいと思います。

見た目がおしゃれ

ワンポールテントってなんだかおしゃれな感じがします。

富士山とサーカスTC

なんか絵になりますね。

デザインが個人的には好みです。

サーカスTCの設営は簡単

いつもアメニティドームでポールを差し込んだりフライシートをかけたりとやっていたのですが、サーカスTCの設営はびっくりするくらい簡単でした。

ファミリーキャンプだと設営に手間を掛けても損だと感じないですが、ソロキャンプだとなるべく設営なんかに手間をかけたくないっていうこの気持ちはどなたか理解していただけるでしょうか?笑

インナーセットハーフは虫よけのためにやむなし

インナーセットハーフを使うと、かなり居住空間が狭まります。

インナーテント隙間

このように、本体の幕とインナーテントの間にかなり隙間があります。

この分狭く感じられてしまいます

虫よけのためには使用はやむを得ないですが、使わなくてよければ極力使いたくないです。

途中の取り外しが困難なのもマイナスポイントですね。

そういう意味ではカンガルースタイル(サーカスTCの中に別の小さいテントを立てる)のほうが、寝る直前に出すということもできるのでありかもしれません。

DODからカンガルースタイル専用テントが発売されました。

その名もずばり「カンガルーテント」です。

カンガルーテントカンガルーテント DOD公式HPより

2人用のSがちょうどよさそうですね。
ナチュラムの販売ページは↓この画像をクリックすれば移動します。



>>ナチュラムへのリンクはこちら

他の人とかぶる

サーカスTCは大人気のテントなので、高確率で他の人とかぶります

富士山とサーカスTC

ふもとっぱらでキャンプをしたのですが、この写真にも車の右奥にサーカスTCが見えますし、他にもたくさん見かけました。

他の人とかぶりたくない!という人は残念ながら現時点では諦めるしかない様子です。

まとめ

以上のとおり、サーカスTCは少人数のキャンプにぴったりのテントでした。

サーカスTCの使い勝手は最高でしたが、一方でインナーセットハーフは手放しにはおすすめできず・・・。

設営時に苦労しすぎたせいかもしれませんが笑

とは言うものの、夏の虫が大量発生する季節には必要不可欠なので、その時期に出撃する時は已む無く持っていこうと思います。

基本はファミリーキャンプなので、ソロキャンプはあまり行かないのですが、たまに行く時はこのサーカスTCを引っ張り出して使っていこうと思います。

うとり
うとり
これからソロキャンプやデュオキャンプ用の幕を新調しようとしている方、マストバイです!
ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして頂けるとポイントが増えます。
応援のほど、よろしくお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
ABOUT ME
うとり
「親子の体験&遊び」をテーマにファミリーキャンプや旅行の情報を発信している30代ブロガー。気になったデジモノなども紹介。シーズン中は月1でキャンプ出撃。サラリーマンの1児のパパ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。