キャンプ用品

【初心者向け】キャンプ用クーラーボックスの選び方!

ハードクーラー画像

今回はクーラーボックスについてご紹介します。

キャンプには欠かせないクーラーボックス。

でもいろいろな種類のものがあり、値段もピンキリでどれを選んでいいか迷ってしまいます。

今回はクーラーボックスを選ぶポイントと、クーラーボックスを使用する時に保冷力をアップするテクニックについてまとめてみました。

クーラーボックスはどんな時に必要?

クーラーボックスは「要冷蔵の食材の保存」、「飲み物を冷やす」というのがキャンプでの主な目的になります。

ですので、「飲み物は常温でいい!」「冷蔵する食材はないよ!」という場合はなくてもいいかもしれません。

ですが、例えば夏にキャンプをした場合は気温が高く、直射日光に当たったりするので傷みやすかったりします。

冷蔵が必要でなくてもクーラーボックスの中に入れておくと安心です。

せっかくのキャンプでお腹を壊したら大変ですからね笑

クーラーボックスを選ぶポイント

クーラーボックスを選ぶポイントは以下の2つです。

  1. 保冷力
  2. 容量

保冷力は冷えている状態が何日続くかです。長ければ長いほどいいですね。クーラーボックスには「保冷日数」という日数が書いてあったりしますので、それを参考に選んでみましょう。

ただし、保冷日数は気温20度くらいで、途中で開閉をせずに保冷状態が持続する日数ですので、実際は外気温が高かったり、開閉をするのでそんなにもちません。

保冷日数のだいたい半分くらいの日数もつと思っていたほうがいいでしょう。2泊3日のキャンプだったら保冷日数5日くらいが目安です。

容量は大きければいいとは限りません。大きいとそれだけ保冷剤がたくさん必要になります。また、容量が大きければクーラーボックスのサイズも大きくなります。車などの積載も考えながら選びましょう。

では何リットルを用意すればいいでしょうか?

目安としては、4人家族の1泊2日で50リットルぐらいです。

2人の1泊2日だったら小さくして30リットルくらいにしたり、2泊3日だったらもう1つソフトクーラーを追加したりして調整しましょう。

スポンサーリンク

クーラーボックスの種類

クーラーボックスにはハードクーラーとソフトクーラーの2種類あります。

それぞれ特徴を説明します。

ハードクーラー

  • 一般的にクーラーボックスといったらコレ
  • 保冷力が高い(高いものが多い)
  • 天板の上に一時的に物が置ける
  • 車輪がついているものは持ち運びも楽
  • 中に何もなくてもコンパクトにならない
  • 重い

1つは持っておきたいハードクーラー。文字通り外側が固い箱になっているクーラーボックスのことをいいます。

もちろん素材によりますが、保冷力が高く、箱も頑丈で安心できます。

入れるものが何もなくても折りたためないので場所を取ります。

ソフトクーラー

  • 中身がなくなったら折りたためるものも
  • 軽くて持ち運びが楽
  • 保冷力は劣る
  • 子供の運動会とかにも使いやすい

ハードクーラーに対して、外側が布などの柔らかい素材でできているクーラーボックスをソフトクーラーと呼びます。

ハードクーラーに比べて保冷力が劣るため、2泊以上のキャンプにメインで使うのは辛いものがあります。

1泊程度であれば十分もちます。

クーラーボックスの組み合わせ

クーラーボックスは、「何泊泊まるか」、「何人で行くか」によって、何リットルのものを何個用意すればいいか変わってきます。

個人的に一番応用が効くと思う組み合わせは、「50リットルのハードクーラーと30リットルのソフトクーラー」です。

合計80リットルなので、家族4〜5人の2泊3日分の食料は確保できるかと思います。

1泊しかしないのであれば、ハードクーラーのみにすればちょうどいいでしょう。

2泊3日より長い場合は食材と氷を買い出しに行くほうが現実的かと思います。ですので、これ以上の容量はいらないですね。

行きの買い出し前や帰りの食料がなくなった時はソフトクーラーを畳んだりすれば積載もバッチリです。

「50リットルハードクーラーと30リットルのソフトクーラー」を参考に、それぞれの状況に合わせてアレンジしてみてください。

スポンサーリンク

クーラーボックスの材質

さて、具体的にクーラーボックスを選んでいきたいところですが、その前にクーラーボックスの材質について知らなければなりません。

これがクーラーボックスの保冷力を決める最大の要素になりますので、これを知らないで買うと大変なことになります。しっかり覚えておきましょう。

発泡スチロール

安いです。が、保冷力はお察し。少なくともキャンプに関しては安物買いの銭失いになりかねないのでおすすめはしません。

アルミ蒸着+ポリエチレン

ソフトクーラーによくあるタイプです。

こちらもあまり保冷は期待できないですが、折りたためるのがいいですね。

発泡ウレタン

発泡ウレタンは上2つに比べてかなり保冷力が高くなります。

メインのクーラーボックスには発泡ウレタンかそれ以上の保冷力があるものにするべきでしょう。

真空断熱パネル

値段は高くなりますが、保冷力は抜群です。長期間のキャンプにもよく行く場合はこちらを選ぶのもいいでしょう。

おすすめのクーラーボックス

それではおすすめのクーラーボックスをいくつかご紹介します。

コールマン スチールベルトクーラー

内容量51Lの発泡ウレタンのハードクーラーボックスです。

コールマンの伝統ある一品。まさに定番品です。

メタリックな外装がかっこいいですね。

保冷力はそんなに高くないようですが、見た目も重視する方はぜひこちらを。

イエティ タンドラ

高級かつ最強のハードクーラーボックスのイエティタンドラ。

グリズリーでも壊せないらしいです笑 キャンプにそこまでの頑丈さが必要かは疑問ですが・・・

分厚い発泡ウレタンで保冷力も抜群です。

50qt.というサイズの内容量は41.6Lです。

値段はかなり高いので私は買えません・・・

イグルー マリーンウルトラ

見た目はシンプルながら、コスパがかなりいいのがこのイグルーマリンウルトラ。

発泡ウレタンのハードクーラーです。

私もこれを使っています。

ハードクーラー画像

黒の留め具部分の作りがやや甘いように感じますが、何回か使っても今のところ壊れる気配はありません。

2泊3日でも十分使えます。おすすめです。

コールマン アルティメイトアイスクーラー

コールマンのアルティメイトアイスクーラーは1泊ぐらいであれば十分、条件次第では2泊でも頑張れるソフトクーラーボックスです。

素材はポリエチレンです。

私も愛用中です。

ソフトクーラー画像

折りたたむと少しだけ小さくなります。

ソフトクーラー画像2

これがソフトクーラーの強みですね。

行きの買い出し前だったり、帰り道は小さくなるので便利です。

ハードクーラーボックスのサブにはぴったりです。

シアトルスポーツ ソフトクーラー

シアトルスポーツのソフトクーラーです。

ソフトクーラーと言ったらこれ!というメーカー。

こちらもかなりの保冷力で1泊2日は十分OK。

色もカラフルでおしゃれですね。

材質はポリエチレンかと思われます。

ちなみに、あのスノーピークのソフトクーラーはシアトルスポーツのOEMらしいです

スポンサーリンク

保冷力を高めるテクニック

1.保冷剤を準備

アウトドア用の保冷剤が販売されています。

保冷の持続力が全然違うので、専用のものを用意しましょう。

定番なのがロゴスの氷点下パック。

氷点下の温度が持続するので、保冷どころか接触している食材が逆に凍ってしまうほどの保冷力です!

凍らせたくない食材は少し離して入れましょう笑

クーラーボックスのサイズによって必要な大きさ、量が変わってきます。

最低限クーラーボックスの底を敷き詰められるくらい、できれば上下挟めるくらいの保冷剤を準備したいところです。

2.前日からクーラーボックスを冷やす

前日からクーラーボックスの中を冷やしておきましょう。

氷でもいいですし、ケーキについてくるような保冷剤でも構いません。

最初から温度が低ければ、保冷剤の効果が長持ちします。

3.食材を凍らせる

凍らせられる食材はあらかじめ凍らせておくと、氷の代わりになります。

人によってはビールを缶ごと凍らせたりする人もいるようです。(絶対安全とは言い切れないので自己責任でどうぞ)

4.クーラーボックスの分け方を工夫する

クーラーボックスの開閉をなるべく少なくしたほうが、保冷が長持ちします。

クーラーボックスを2つ以上持っていくのであれば、うまく使い分けをして、なるべく開け閉めを少ない方法を考えましょう。

例えば、ハードクーラーボックスには2日目以降の食材を、ソフトクーラーボックスには1日目の食材を入れておけば、保冷があまりもたないソフトクーラーボックスを1日目で使い切れ、ハードクーラーボックスは2日目まで開けなくて済みます。

他にも、飲み物は回数開けるのと冷えなくなっても悪くはならないのでソフトクーラーボックスに入れ、食材はハードクーラーボックスに入れるなどの分け方もあります。

自分のスタイルに合った分け方をしましょう。

5.クーラーボックスの置き方に注意

まず、直射日光はNGです。当たらないところに置き、日が動いて当たりそうになったら移動させましょう。

また、地面からの熱もバカにできません。

このようなクーラーボックス用のスタンドが売っているので、その上に置くのがベストです。

他にはユニフレームのフィールドラックを使っている人もいますね。

我が家もこれを使っています。

他に置く台があればそれでも全然OKです。

まとめ

今回はクーラーボックスをご紹介しました。

お腹を壊さず美味しい料理を食べるためにもクーラーボックスは必須ですし、何より自然の中でのキンキンに冷えたビールは最高です!笑

そのためにもぜひ自分に合ったクーラーボックスを見つけましょう。

ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして頂けるとポイントが増えます。
応援のほど、よろしくお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
ABOUT ME
うとり
「親子の体験&遊び」をテーマにファミリーキャンプや旅行の情報を発信している30代ブロガー。気になったデジモノなども紹介。シーズン中は月1でキャンプ出撃。サラリーマンの1児のパパ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。