【初心者向け】キャンプのガス缶選び!OD缶とCB缶って何?

ガス缶

今回はキャンプ用のガス缶について説明します。ガスカートリッジとも呼ばれますね。

キャンプ用のガス缶は種類が色々ありますし、OD缶とかCB缶とかの専門用語が出てきて、最初はよくわからないんじゃないでしょうか。

今回はその用語の解説と、どんな場合にどんなガス缶を選べばいいのかをお話します。

ガス缶はいつ使う?

キャンプでガス缶はいろいろな場面で活躍します。

ガス缶を主に使うのは「ランタン」と「バーナー」です。

ガスランタンは「【初心者向け】ランタンの種類はどれがいい?LED?ガス?ガソリン?」で書いたように、LEDやガソリンとくらべて、明るさと手軽さを両立しており、初心者にもそこそこ扱いやすいランタンになっています。

バーナーは、料理やお湯を沸かしたりする時に使いますね。家で鍋をする時に使うカセットコンロのようなものです。(実際にカセットコンロを持っていってバーナーとしてキャンプで使っている人もいっぱいいます)

もちろん焚き火や炭火の料理もいいですが、ちょっとお湯を沸かしたい時にわざわざ火起こしをするのは手間がかかりますし、火力の調節がしづらいので料理によっては大変です。そんな時にバーナーがあるといいですよね。そのバーナーの燃料になるのがガス缶です。(ホワイトガソリンを使うバーナーもあります)

明かりに料理にとガス缶の活躍する機会はたくさんあるので、ガス缶のことを知っておかなければいけません。

ガス缶の種類!OD缶とCB缶って?

ガス缶の種類

まずはガス缶の種類についてです。

ガス缶は、その形状とガスの内容物によって分類されますが、初心者はそれがごちゃごちゃになってわかりにくくなっています。一つずつ整理していきましょう。

1.形状の違い(OD缶とCB缶)

まず1つ目は形状の違いです。

ガス缶は形状によって、「OD缶」と「CB缶」の2種類に分かれます

器具ごとに使える形状の缶が決まっています。持っている器具にあった缶を選ぶ必要がありますね。

外見はわかりやすいですが、略称を使うので覚えにくくなってしまいます。

OD缶:おそらくOutDoor缶から。アウトドア専用のガス缶。

CB缶:CassetteBombe缶の略。いわゆるカセットボンベ。

(wiki情報だとカセットは英語や仏語、ボンベは独語由来のようなので造語でしょうか?)

実物を見たほうがわかりやすいと思います。

OD缶

これがOD缶

CB缶

これがCB缶

OD缶はアウトドアをやらなければあまり見ない形状ですね。

一方、CB缶はカセットコンロで使うので、おなじみだと思います。

繰り返しますが、OD缶とCB缶は形状の違いです。どっちがどっちだっけとなったら「アウトドアとカセットボンベの略」ということを思い出して下さい。

2.内容物の違い(寒冷地仕様)

2つ目は内容物の違いです。

同じメーカーのガス缶でも、メーカーによって名前は違いますが、「ノーマル」と「ハイパワー」みたいな名前の2種類に分かれています。(レギュラーとかプロとかプレミアムとか各社いろいろつけています)

違いは「寒冷地仕様か、そうじゃないか」です。

ハイパワーが寒冷地仕様、ノーマルがそうじゃないほうです。

寒冷地仕様は寒くても十分な火力が得られますが、ノーマルは気温が寒いと火力が弱くなってしまい、お湯を沸かすのにもすごく時間がかかってしまいます。

寒冷地仕様かどうかの違いは、内容物で変わります。

一口にガスと言っても、実はガスにも種類があります。

専門的な話になるので深く理解する必要はありませんが。

ガス缶には

・nブタン

・イソブタン

・プロパン

が混合されて入っています。

下に行くほど、寒くても気化しやすく、火力を維持しやすいガスです。

寒冷地仕様のガス缶はプロパンやイソブタンの混合割合が多くなっているので、気温が寒くても十分な火力が得られるわけですね。

ガス缶の種類のおさらい

ガス缶の2つの分類方法をご説明しました。

ここでおさらいしておきましょう。

ガス缶

具体例としてこの3つのガス缶を分類してみましょう。

左のスノーピークのガス缶は「OD缶、寒冷地仕様(プロイソ)」です。

寒冷地仕様かどうかはわかりにくいですが、スノーピークの缶は「イソ」と「プロイソ」に分かれており、「プロイソ」が寒冷地仕様です。(プロはプロパンの略でしょうか?)

真ん中のコールマンのガス缶は「OD缶、寒冷地仕様でない(レギュラー)」です。

右のユニフレームのガス缶は「CB缶、寒冷地仕様(プレミアム)」です。

これでガス缶の分類は完璧ですね。

ガス缶の使い分け

OD缶とCB缶の使い分け

器具により形状は決まっている

それではガス缶の使い分け方法についてご説明します。

まずはOD缶とCB缶ですが、これは形状の違いですので、器具によって使えるものが違います。

例えばこのランプ。スノーピークのノクターンです。

ノクターン画像

これはOD缶専用なので、CB缶は使えません。

参考記事雰囲気の出るスタイリッシュなランプ!スノーピークノクターンのレビュー

 

例えばこのシングルバーナー。

シングルバーナー

CB缶専用器具なので、OD缶はつかえません。

このように、それぞれの器具に合った形状のガス缶を選ぶ必要があります

OD缶、CB缶の特徴

OD缶、CB缶の特徴をまとめると次のとおりです。

OD缶 ・対応する器具が多い

・見た目がかっこいい(個人差あり)

・値段が高い

CB缶 ・対応する器具が少ない(でも最近増えている)

・どこでも売っている

・値段が安い

他メーカー製のガス缶は使えるの?

ガス器具にはかならず、「純正のガス缶を使用して下さい」と書いてあると思います。

でも似たような形状なので、使い回しができそうですよね。

実際は、ほとんどが使い回しできちゃいます

カセットコンロを使う時にわざわざメーカーなんて確認してないと思いますが、CB缶には互換性はあります(阪神淡路大震災をきっかけに、規定ができたようです)。ですが、強制的な規格ではないことから、メーカーの保証はされないので注意は必要です。

OD缶についてもほとんどで互換性があります(キャプテンスタッグのOD缶だけ口の形状が若干違うようです)。こちらも経験上は問題なさそうですが、やはり事故があったら自己責任になるので、こちらも注意が必要です。

不安であれば、純正のガス缶を使うのが無難です。

OD缶とCB缶の統一がおすすめ

OD缶用とCB缶用の器具両方があると、両方の缶を持っていかなければいけません。

また、例えばOD缶のガスが空になってしまった時、CB缶しかないと使い回しがききません。

OD缶かCB缶で器具を統一すると楽になりますね。

メーカーは違っても、上記のように、使いまわしは(自己責任ですが)可能です。

同一メーカーで揃えれば完璧です。

ガスの詰め替えはできる?

ガスの詰め替え器具が販売されています。

OD缶は高いのでCB缶を買って、OD缶に詰め替えている人も多いようです。

ガスの詰め替え、再充填は現在の法律では違法です。

事故が多発すれば取り締まりもされるかと思いますが、今のところ取り締まりは実質されておらず、黙認されている状態のようです。つまり事故は起こっていないんじゃないでしょうか。

ですが、違法ですので、個人的にはおすすめはしません。

やるのであれば、自己責任かつ他の人に迷惑をかけないようにしてください。

寒冷地仕様のガス缶

使用温度の目安

寒冷地仕様のガス缶の使い分けについてご説明します。

使い分けの目安は「外気温が10度以下か」だと思って下さい。

使用する時の外気温が10度以下になるようであれば寒冷地仕様、10度以上であればノーマルで大丈夫です。

あくまで使用時の外気温ですので、春秋でも昼間はノーマルでも大丈夫ですが、夜は温度が下がるので寒冷地仕様じゃないとダメだったりします。

寒冷地仕様、ノーマルの特徴

寒冷地仕様とそうじゃないノーマルのガス缶の特徴をまとめると以下の通りです。

寒冷地仕様 ・外気温10度以下であればこれ

・値段が高い

・ガスがなくなりやすい

ノーマル ・外気温10度以上はこれ

・値段が安い

・ガスがなくなりにくい

ガスがなくなりやすいことについて補足です。

寒冷地仕様のガス缶に多く配合されているプロパンやイソブタンは、蒸気圧と呼ばれる、ガス缶から外に出ようとする力が強いため、火力が高くなります。反面、同一の量であれば早くなくなってしまうという特徴があります。

コストを考え、10度以上であればなるべくノーマル、10度以下であれば寒冷地仕様のガス缶を使うようにしましょう。

代表的なガス缶

代表的なガス缶をご紹介します。

コールマンのOD缶です。

赤字で「Regular」と書いてあるのが寒冷地仕様じゃないもの、「Super」と書いてあるのが寒冷地仕様です。

スノーピークのOD缶です。上の方に画像がありましたが、私が持っているのは旧デザイン、2017年から新デザインになっています。中身は多分一緒。

金色の「プロイソ」というのが寒冷地仕様、銀色の「イソ」というものがノーマルです。

イワタニのプリムスです。

プリムスは寒冷地仕様のハイパワーガスのさらに上、気温が0度を下回っても使える「ウルトラガス」があります。

平地キャンプだとあまりいらないかもしれないですが、高地の冬キャンプや登山では活躍します。

ユニフレームのCB缶、寒冷地仕様のプレミアムガスです。

イソブタンが95%配合されており、寒冷地でも安心なCB缶です。

まとめ

キャンプ用のガス缶についてまとめてみました。

OD缶とかCB缶とか最初はわかりにくいですが、この記事を読んで頭の中を整理してみるとすぐ覚えられるんじゃないかと思います。

それぞれの特徴を理解して、うまく使い分けてキャンプに臨みましょう!

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す