大人気キャンプ場の大子グリンヴィラは期待通りで大満足!

大子公園グリンヴィラ画像

以前の記事で10月には竜洋海洋公園オートキャンプ場に行くと書きました。

その時の記事はこちら。

ですが、急遽大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラに行くことになりました。

変更になった経緯とグリンヴィラのレポートをお届けします。

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラの基本情報

グリンヴィラとは

グリンヴィラは東日本のNo.1キャンプ場に何度も輝いたことのある、大人気の高規格キャンプ場です。

高規格キャンプ場とは?
施設の手入れが行き届いていて、水洗トイレやシャワー等の設備が整っていて綺麗。売店やレンタルが充実、管理棟に管理人が常駐しているキャンプ場のことです。キャンプ初心者や子供連れのキャンプにおすすめです。

充実した施設、行き届いたサービス、サイトの環境の良さが評価され、リピーターも続出です。

茨城県の大子町にあります。

(大子を最初は「たいし」と読んでたのですが、正しくは「だいご」のようです・・・道理で変換が出てこないわけだ・・・)

アクセス

常磐道と東北道のちょうど中間ぐらいに位置します。那珂IC、宇都宮ICからそれぞれ1時間くらいです。どちらか近い方から向かうといいでしょう。

料金

テントサイトは通常期と冬季(12/1〜3/31)に分かれており、冬季のほうが安くなっています。

通常期は個別サイト5,900円、フリーサイト3,600円です。

テントサイト以外にもキャビンやトラベルトレーラーなどの宿泊施設もあります。

詳しい価格はHPでご確認下さい。
施設利用料|大子広域公園オートキャンプ場 グリンヴィラ

グリンヴィラのおすすめポイントはこれ!

おすすめポイントを紹介していきます。

その①とにかくサイトが広い!

f:id:utori:20171020230232j:plain

個別サイト、とにかくサイトが広いです。

サイトの位置によって若干差があるようですが、今回利用したサイトは画像の通り。

後ろの道まで全て1つのサイトです。

10m×10mと書いてありますが、間違いなくそれ以上あるでしょう。

アメニティドーム+シールドタープヘキサLを張っても余裕でした。

その②場内がキレイ!

f:id:utori:20171020230251j:plain

場内はとても清潔に保たれています。

サイト前の通路は舗装されており、歩きやすくなっています。

子供用のレンタル自転車もあり、自転車で遊んでいる子どもたちもたくさんいました。

f:id:utori:20171020230241j:plain

センターハウスもきれいです。

キャンプに必要な道具は一通り売っており、忘れ物があっても安心です。

今回は2日目雨に降られて、テントとタープを入れるビニール袋が欲しかったのですが、90Lのビニール袋も売っていて助かりました。

f:id:utori:20171020230324j:plain

トイレもキレイです。

f:id:utori:20171020230333j:plain

ウォシュレットもついています。

その③プールあり!

子供にはうれしいポイント!隣接する「フォレスパ大子」というプールがあります。

温泉もあり、屋内プールあり(温水)、屋外プールあり(夏季のみ)、スライダーありと盛りだくさん!

グリンヴィラ宿泊者はフォレスパ大子の割引券がセンターハウスでもらえます。

センターハウスから歩いて5分くらいで着きます。

残念ながらオムツをしている子供は幼児用簡易プールと男女別の温泉しか入れないので注意してください。

その④遊具あり!

大規模なアスレチックやローラーすべり台があります)!

が、雨ということもあり、今回は利用できませんでした・・・。

次こそは!

その⑤温泉付き!

先程ご紹介したフォレスパ大子とは別で、なんとセンターハウスに温泉があります!

夕方〜21時までの営業なので、朝起きて入る!とかができないのは残念ですが、とてもキレイで満足できる温泉です。

露天風呂もあります!

ボディソープやリンスインシャンプー、ドライヤーなどの備品が充実しているのも◎

予約の取り方

大人気キャンプ場だけあって、休日の予約は非常に取りづらいです。

予約は3ヶ月前の1日の10時から開始です。電話のみです。

例えば10月20日に宿泊したい場合、7月1日の10時からです。

インターネット予約は2ヶ月前からなので、最速は電話です。

1日が仕事だったりした場合、なかなか電話ができません。

大人気で電話が混み合うので、そもそも電話がすぐにはつながりません。

どうしても行きたい日がある場合は予約電話争奪戦を戦う必要があります。大変ですがチャレンジしてみてください。

また、意外と直前でキャンセルが出ていることもあります。

キャンセル料がかかるのは3日前からなので、その近辺からこまめに空きをチェックしていると予約できることがあります。

今回の予約も2日前に確認したところ、空いていたのですぐさま予約を入れました。

グリンヴィラに行く場合は、キャンセル狙いのほうが行ける確率が高いのではないでしょうか!?

グリンヴィラに行くことになった経緯

最初に書いたとおり、そもそも竜洋海洋公園オートキャンプ場に行く予定でした。

ですが、秋雨前線の影響で磐田は大雨予報・・・

今回はこの記事で書いた、ファイアハンガーのデビュー予定でした。

なんとしても焚き火をしたかったのです。ですが大雨だとさすがに難しい・・・

泣く泣くキャンセルを決断し、他の雨が降らなさそうなキャンプ場を探しました。

そしたら運よくグリンヴィラの空きを見つけ、大子町は雨も降らない予報だったため、即予約!

残念ながら2日目の撤収日は雨になってしまいましたが、1日目は夜まで雨が降ることもなく、ファイアハンガーもデビューすることができました。

f:id:utori:20171018214602j:plain

まとめ

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラのご紹介でした。

北軽井沢スウィートグラスも以前初心者やファミリーにオススメのキャンプ場と紹介しましたが、

グリンヴィラも同様に設備が整っており、評価が高いのも納得できる、オススメの高規格キャンプ場となっています。

予約は取りにくいですが、ぜひ機会があれば行ってみてください!

合わせて読みたい

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す