【初心者向け】キャンプ用のハンマーを選ぶポイント

スノーピークハンマー

今回はキャンプでペグ打ちに使うハンマーについてまとめてみました。

テントなどにプラスチックハンマーが付属してくることがありますが、使いにくいですよね。

キャンプ用のハンマーの必要性、ハンマーの選び方、おすすめハンマーをご紹介します。

専用ハンマーは必要なのか?

テントやタープを買うとプラスチックのハンマーが付属してきたりします。

一方で、何千円もするペグ打ち用のハンマーが売っていたりします。

そのような高いハンマーは必要なのでしょうか?

結論から言うと、「専用ハンマーである必要はないが、金属製ハンマーは必要」です。

プラスチックハンマーだと軽くてなかなかペグが地面に刺さらず、何度も打ち込む必要があるのでものすごく大変です。

ペグは何本も打ち込まないといけません。炎天下でペグを何度も打ち込む様子を想像してみてください・・・。

実際キャンプを初めてやる家族がペグ打ちで苦戦する姿を何度も見ました。

キャンプを本格的にやるつもりであれば、プラスチックハンマーはやめておきましょう。

ハンマーを選ぶポイント

プラスチックハンマーが使えないので、市販されているハンマーを用意しなければなりません。

市販のハンマーを選ぶポイントとしては、「金属ヘッドのハンマーであればどれでもいい」です。

ゴムヘッドのハンマーが売っていますが、音が小さくなるのと、小さい子にとっては少し安全なだけで、打ち込んだ威力がゴムで吸収されて打ち込みにくいのと、ゴムがボロボロになって使えなくなるというデメリットが多いので、これもおすすめしません。

金属製のハンマーであれば、キャンプ用である必要はなく、ホームセンターで売っているものでも十分です。

こんなものでも大丈夫です。1,000円以内で買えます。

キャンプ専用ハンマーのメリット

ホームセンターで売っているハンマーで十分であれば、キャンプ専用ハンマーは何のためにあるのでしょう?

その理由は主に、「かっこよさ」と「ペグ抜き」です。

かっこよさは形状だったりブランドだったり、人によって感じ方は違いますが、所有欲を満たしてくれる道具っていうのも大事ですよね。

ペグ抜き機能については、余っているペグを使ったりすれば、なくてもなんとかなります。ペグ抜きが少し楽になるよーって程度です。

かっこよさとペグ抜きは特にいらないかな、と思うのであれば、安いハンマーで必要十分の性能がありますのでそちらを用意しましょう。

おすすめハンマー

ここからは、おすすめハンマーをご紹介します。

1.スノーピークペグハンマーPRO.C

ド定番の人気ハンマー。スノーピークのペグハンマーPRO.Cです。

ヘッドが鍛造仕上げで頑丈。

私もこれを使っています。

特徴はハンマーヘッドの部分に銅のキャップがついていること。

ハンマーヘッド

これが手への衝撃を和らげ、腕の疲労を軽減します。

打っていると銅の部分が潰れていきますが、取り替えることが可能です。

ペグ抜き

ペグ抜きがついており、同じくスノーピーク製のソリッドステークも楽々抜けるようになっています。

ハンマー紐

手首に通す紐がついており、すっぽ抜け防止に役立ちます。

値段は6,000円以上となかなかしますが、性能、見た目は抜群でしょう。

スノーピークハンマー2本

ヘッドに銅キャップがついていない「ペグハンマーPRO.S」もあります(写真右)。4,000円ぐらいと銅キャップありと比べるとお安くなっています。

打つ時の感触がキャップありのほうが少し柔らかいですが、性能は大きくは変わりありません。

2.ELLISSE ペグハンマー

スノーピークのハンマーの後発品ながら、品質は十分です。価格は安く設定されており、コスパは高いですので、こちらもおすすめです。

3.大五郎ネイルハンマー

先程も紹介した、ホームセンターにも売っている、DIYに使うようなハンマーです。

性能としては十分でしょう。

まとめ

ハンマーを選ぶポイントは「金属製ハンマーを選ぶこと」ですので、あまり難しくありません。

あとはお財布と相談しながら、自分が気に入ったものを買うのみです。

プラスチックハンマーを使っていた人は、金属製ハンマーを使うと「ペグ打ちはこんなに楽だったのか!」と感動するくらい簡単になるので、ぜひ購入をご検討ください。

もちろん、ペグもきちんとしたものを用意するのも忘れずに。詳しくは「【初心者向け】ペグってなんだろう?何がおすすめ?」にまとめてありますので、そちらも合わせて読んでみて下さい。

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す