【初心者向け】ランタンの種類はどれがいい?LED?ガス?ガソリン?

スマイルランタン

宿泊をするキャンプの場合、絶対に必要なのがランタン。

ランタンがないと夜は真っ暗で、キャンプ場によってはトイレにも行けません。

しかしランタンも種類がいろいろあってよくわかりませんよね。

今日はキャンプ初心者向けにランタンの種類と選び方について説明したいと思います。

ランタンの種類って?

ランタンには大きく分けて「LED」「ガス」「ガソリン」の3種類あります。

それぞれの特徴、メリットデメリットを理解して、使い分ける必要があります。

LEDランタン

電気で光るランタンです。電池のものや充電するものがあります。

LEDの技術が発達して、LEDランタンは明るく電池持ちもよくなりました。

メリット

  • 安全安心
  • テント内で使用可
  • 充電池で再利用可
  • 安価

デメリット

  • 暗い

やはり火を使わないので安全です。子供が小さくても安心できます。

また、ガスやガソリンランタンは燃え移ったり、一酸化炭素中毒になる危険があるのでテント内使用不可ですが、LEDランタンは使用できます。よってテント内の明かりとして必須です。

手元を照らすために、テーブルに置くこともできます。サブランタンとして利用するのがよいです。

一方デメリットとして暗いというのがあります。ガスやガソリンランタンに現状どうしても敵いません。

特に大人数キャンプになるとサイトを隅々まで照らせません。

LEDランタンは明るさを「ルーメン」という単位で表すのですが、安いものは300ルーメン程度。多少よくても600ルーメンとか1,000ルーメンとかが限界です。

一方でガスやガソリンランタンは2,000ルーメンとか3,000ルーメンまで明るくすることが可能です。

定番は、GENTOS(ジェントス)のEX-777XP。

実売3,000円程度で、コスパが最高!ソロキャンプであればメインランタン、ファミリーキャンプのサブランタンとして根強い人気があります。

 

2017年に新製品もでました。GENTOSのEX-136Sです。

EX-777XPが単1電池なのに対し、EX-136Sは単3電池が使えるのがいいですね。

こちらもかなり人気です。

ガスランタン

ガスを燃料とするランタンです。家庭用のガスボンベやアウトドア専用のOD缶と呼ばれるガスボンベを利用します。

メリット

  • 明るい
  • 取扱が容易
  • ランタンの値段もまあまあ安め

デメリット

  • ガスボンベが高い
  • 火を利用する
  • 寒冷地だと不安定

LEDランタンに比べて圧倒的に明るいです。メインランタンとして十分な光量を備えています。

後述するガソリンランタンはメンテナンスが必要ですが、ガスランタンは面倒なメンテナンスはありません。ガスボンベを差してマントルと呼ばれる燃やす布を準備すればすぐに明るくなります。

値段はLEDランタンとガソリンランタンの中間くらいだと思って下さい。コールマンの2500ノーススターという代表的なランタンがamazonで9,000円程度で売っています。

ただし、ガスボンベの値段が高いのがネック。

家庭用のガスボンベが使える機器であればまだいいですが、専用のOD缶と呼ばれるアウトドア専用ガスボンベの場合小さいもので300円、大きいもので800円くらいします。

大きいOD缶を大体2泊くらいで使い切るとなると、年に何泊もする場合は結構な出費になります。

年に数泊くらいであれば許容範囲でしょうか?

ガス缶については「【初心者向け】キャンプのガス缶選び!OD缶とCB缶って何?」で詳しく説明したので、そちらもあわせてご覧ください。

火を利用することについてはLEDランタンのところに書いたとおりです。子供には危険、テントに持ち込めないということです。

寒冷地だと不安定というのがガスランタン特有のデメリット。ガスの特性で低温だとガスが気化できず、炎が弱くなってしまいます。10度を下回るような環境でキャンプする場合は明るさが若干落ちます。

ガスランタンはLEDランタンとガソリンランタンの中間の特徴があると思っておけばわかりやすいと思います。

ガソリンランタン

最後はガソリンランタン。ホワイトガソリンという燃料を利用します。

メリット

  • 明るい
  • 寒冷地に強い
  • 燃費がいい

デメリット

  • メンテナンスが大変
  • 火を利用する

明るいのはガスランタンと同様、さらに寒冷地に強く、燃費もいいのでガスランタンにあった弱点がガソリンランタンにはありません。

火を利用することのデメリットはガスランタンと同じですが、大きく違うのはメンテナンスが大変というところ。

シーズンオフにはガソリンを抜いて中の部品の手入れが必要です。

手入れをしっかりやれば長年使用することができます。

手をかけてメンテナンスするのが好き!という人もいますし、慣れればなんとかなりますが、初心者にはハードルが高いでしょう。

おすすめのランタンの選び方!

以上、ランタンの種類の解説をしました。

ポイントをまとめると、

  • LEDランタンは1つ以上必須!
  • もう1つ明るいLED、ガス、ガソリンのどれかを用意。
  • 子供が小さいので安全優先→明るいLEDランタン
  • 明るくしたいけどメンテナンスはちょっと・・・→ガスランタン
  • メンテナンスもばりばりやるから長く使いたい→ガソリンランタン

こんな感じですね。

ちなみに私は、
メインランタン→コールマン2500ノーススター(ガスランタン)
サブランタン→ジェントスSOL-036C(LEDランタン)×2個
を使っています。今のところ明るさ、取扱いやすさ含めて満足しています。

以上、ランタンの種類別解説でした!自分に合ったランタンを選んでみましょう!

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す