はじめてのキャンプ講座

初心者のキャンプの1日の流れはこんな感じ

キャンプの流れアイキャッチ

【第3回】初心者がキャンプ場を選ぶ時の6つのポイント」で、初心者がキャンプ場を選ぶポイントついて書きました。

初心者のキャンプ場を選ぶポイントまとめ
  1. 最初は高規格キャンプ場からデビューしよう
  2. サイトが広い区画サイトを選ぼう
  3. 家から近いキャンプ場がGOOD
  4. 車が横付けできるかどうか確認
  5. キャンプ場の標高もチェック
  6. 予約の要否も確認しよう

まだ読んでない方は「【第3回】初心者がキャンプ場を選ぶ時の6つのポイント」からぜひ読んでください。

よめ
よめ
これでキャンプの準備は完璧だね
うとり
うとり
今回からはキャンプ当日のことについて学んでいくよ

今回は1泊2日のキャンプの基本的な流れをご紹介します。

キャンプの1日の流れをつかんでおかないと、「焚き火がやりたかったのに、時間がなくてできなくなった」だったり、「シャワーを浴びたかったのに、消灯時間になってしまった」などということになってしまいます。

私も最初のキャンプの時は食事に思ったより時間がかかり、焚き火ができなくなってしまいました。

慣れれば時間配分も上手くなっていきますが、最初に全体の流れをつかんでいないとさらに悲惨なことになってしまいます。

今回ご紹介する1泊2日のスケジュールを見て、ざっくりとキャンプの流れをつかんじゃいましょう。

まずはおおまかなスケジュールをご紹介

キャンプのスケジュール

1日目と2日目のそれぞれのスケジュールはこのような感じです。

うとり
うとり
12:00チェックイン、12:00チェックアウトを想定しています。

1日目

  • 12:00〜チェックイン
  • 13:00〜テント設営
  • 15:00〜ゆっくりと
  • 16:00〜ご飯の準備
  • 18:00〜夕食
  • 20:00〜片付け、シャワー
  • 22:00〜消灯、就寝

2日目

  • 7:00〜起床、朝食
  • 9:00〜片付け、撤収
  • 12:00〜チェックアウト

だいたいこんな感じになることが一般的かと思います。

細かく解説

それぞれのイベントについて、詳しく解説していきます。

チェックイン(12:00頃〜キャンプ場による)

まずは管理棟でチェックインです。
お金の支払い、注意事項の説明、区画サイトの場合は区画の説明があります。

キャンプ場はだいたい12:00〜13:00くらいのチェックインのところが多いです。

あまり遅くチェックインすると後行程の時間の余裕がなくなるので、特に時間が読めない初心者は早めにチェックインしましょう。

ちなみにGoogleMapの所要時間の予想はかなり正確です。普通のカーナビなんて目じゃないくらい正確なので、到着時刻の確認にぜひ使ってみてください。

テント設営(13:00頃〜)

テントやタープの設営を行います。

何人で設営できるかによりますが、すべての設営で短くて1時間、慣れていないと2時間以上みておいたほうがよいでしょう。

もしどうしてもわからない場合はキャンプ場スタッフに相談しましょう。

スノーピークのアメニティドーム等の人気のあるテントならばyoutubeで設営動画が投稿されていますので、初めて張る場合は繰り返し見て設営のイメージを持っておくとさらにスムーズです。

あわせて読みたい
テント画像
【初心者向け】テントの選び方のポイントはこれ!オススメのテントは?今回はテントの選び方についてです。 キャンプにおいてテントは大切。 安い買い物ではないのでこだわりたいですよね。 選ぶ...

このタイミングで寝袋等も準備してすぐ寝られるようにしましょう。暗くなってから準備すると面倒です。

自由時間!(15:00頃〜)

川遊び

設営が終わったら夕食までは自由時間です。

子供と遊ぶもよし、ゆっくり語らうもよし、昼寝するもよしです。

燻製なんてやっちゃうのも楽しいですよ。

キャンプは何をしなければならないって決まりはありません!

夕食準備(16:00頃〜)

BBQをやったりカレーを作ったりと自由に夕食を作りましょう。

注意点としては、BBQをする場合、炭火の火おこしには思ったより時間がかかります

「ちょっとまだ時間が早いかな?」と思うくらいから始めちゃってもいいでしょう。就寝時間も早いので。

チャコールスターター(チャコスタ)と呼ばれる火おこし器を使うと簡単に火が付きます。

安いものは2,000円以下で買えるので、用意するとBBQがスムーズに開始できるでしょう。

チャコスタについては「バーベキューの火起こしで大活躍!チャコスタのススメ」で詳しく説明しています。

あわせて読みたい
チャコスタ画像
バーベキューの火起こしで大活躍!チャコスタのススメバーベキューは楽しいですが、大変なのは火起こし。 その火起こしで大活躍間違いなし!チャコスタのご紹介です。 ...

片付け、シャワー(20:00頃〜)

消灯時間に間に合うように片付けとシャワーを済ませましょう。

ハイシーズンだとシャワーが混んで順番待ちになってしまうので、こちらも時間余裕を持って!

焚き火をやりたいなら片付けをなるべく早く終わらせ、消灯時間までの時間を確保しましょう。

就寝(22:00頃〜)

夜のキャンプ

消灯時間は22時頃のキャンプ場が多いです。

時間になったらランタンの光量を落とし、静かにしましょう。

翌朝も早いので、さっさと寝てしまうのが吉です。

起床(7:00頃〜)

コーヒードリップ

太陽が上がってくると自然と目が覚めます。

自然と共に生活していることを一番実感できる時間だと個人的には思います。

コーヒーでも入れてゆっくり朝食を。

ここで炭を使う料理はNG!炭火の後片付けが大変です。

調理はバーナーやカセットコンロで済ませましょう。

慣れるまでは買っておいたパンを食べるだけとかでもいいのではないでしょうか?

カートンドッグもおすすめです→超簡単なキャンプ飯!カートンドッグを作ってみよう

あわせて読みたい
カートンドッグ
超簡単なキャンプ飯!カートンドッグを作ってみよう親子でも楽しく簡単に作れる「カートンドッグ」はおすすめのキャンプ飯。 牛乳パックを燃料にして作るホットドッグです。 先日チャ...

撤収、チェックアウト(9:00頃〜)

チェックアウトは11時〜12時くらいのキャンプ場が多いです。

間に合うように片付けをしていきましょう。

気をつけるべきはテント。

夜露などで濡れている場合はしっかり乾かして下さい

カビや素材劣化の原因になり、次回使う時に臭くなってしまいます。

もし十分に乾燥出来なければ、家に帰ってから十分に乾かしてください。

スノーピークのテントの場合、乾燥サービスなんかも利用できますよ。

あわせて読みたい
スノーピーク乾燥サービス箱
雨に濡れたテントを乾かす!スノーピーク乾燥サービスを試してみたテントやタープが雨に濡れ、十分乾かせないことがありますよね。そんな時、スノーピークのテントやタープであれば、代わりに乾燥をしてくれるサービスがあります。そんなスノーピークのテント乾燥サービスを利用してみたので、レビューしてみます。...

帰りに遊ぶも温泉行くもよし

温泉画像

チェックアウト後は近くの観光地によるもよし、日帰り温泉によって疲れを癒やすもよしです。

事故などに気をつけて家に帰りましょう。

スポンサーリンク

キャンプの流れまとめ

今回のまとめです。

キャンプの流れについてまとめ
  1. おおまかなスケジュールを把握しよう
  2. はじめての設営は時間がかかるから余裕をもって
  3. 夕食は早めに準備しよう
  4. 朝ごはんは炭を使わず片付けが簡単なものにしよう
よめ
よめ
最初のキャンプは時間に余裕をもって計画を立てよう!

「はじめてのキャンプ講座」第4回ではキャンプの流れについて解説しました。

おおまかなキャンプの流れを把握しておくだけで、心の余裕が全然変わります。

まずは上記のスケジュールを参考に、徐々に自分流にアレンジしていってください!

次回はテントやタープを張る時のポイントについて解説します。

一覧へ戻る>>>はじめてのキャンプ講座

ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして頂けるとポイントが増えます。
応援のほど、よろしくお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
ABOUT ME
うとり
「親子の体験&遊び」をテーマにファミリーキャンプや旅行の情報を発信している30代ブロガー。気になったデジモノなども紹介。シーズン中は月1でキャンプ出撃。サラリーマンの1児のパパ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。