雰囲気の出るスタイリッシュなランプ!スノーピークノクターンのレビュー

ノクターン画像

スノーピークのノクターンは大人気のランプです。

今日はそのノクターンをご紹介いたします。

ノクターンとは

正式名は「リトルランプ ノクターン」です。スノーピークから販売されているランプです。

大人気でよく品切れになります。この記事を書いている8/29時点ではAmazonには在庫がありますが、公式オンラインショップは在庫なしです。

在庫切れが続いている時には某オークションサイト等で定価の倍近い値段で転売されているくらい大人気の商品です。

ノクターンが大人気な理由は!?

f:id:utori:20170829112956j:plain:w700

ノクターンが大人気な理由はこのスタイリッシュな外観とろうそくのような揺らめく炎による雰囲気の演出でしょう。

正直全然明るくありません。かろうじてテーブルの上が明るくなるくらいです。

でも焚き火の燃え上がる炎とまた違って、ろうそくのように揺らめく炎もまたいい感じの雰囲気になります。

外が真っ暗になり、子供も寝てしまった後、このノクターンの炎1つでお酒を飲むとかたまりません。

ノクターンの詳細レビュー

f:id:utori:20170829113029j:plain:w700

サイズはこんな感じ。手のひらサイズです。

f:id:utori:20170829113007j:plain:w700

このようなケースの中に入っています。小さいのでこれ1つ追加しても大した荷物になりません。

キャンプにいろいろ持っていこうとすると荷物が大量になってしまうので、小さいのは助かります。

f:id:utori:20170829113015j:plain:w700

ケースの中はスポンジでガタつかないように保護されています。ケースに入れれば他の荷物と適当に混ぜておいても破損しません。

f:id:utori:20170829113839j:plain:w700

このようにガス缶に接続して使います。

なんなら食卓に置いてもいいかもしれません笑

一番小さいサイズのガス缶を使ったほうがサイズ感はフィットします。

小さいガス缶でも約15時間火がもつようなので十分だと思います。燃焼効率がいいのもメリットの1つですね。

f:id:utori:20170829113641j:plain:w700

見づらいですが、この斜めに切ってある部分からチャッカマンの火を入れて着火します。

f:id:utori:20170829113654j:plain:w700

着火する時は、チャッカマンの火を入れながらこの三角のツマミをひねります。

火力の調整はその上部のギザギザのダイヤルで行います。

操作は非常に簡単です。

お値段はいくら?

気になるお値段ですが、定価3,500円(税抜)となっています。

高いものが多いキャンプ用品の中では比較的かなりお手軽な値段設定となっています。

(キャンプ用品たくさん買っていると3,500円とか安っ!って思ってしまうのですが、これはキャンプ沼にはまっているせいで金銭感覚が麻痺しているんじゃないかと最近思います。)

売り切れ続出!手に入りにくい!

最近はだいぶいろいろなところで見るようになりましたが、先程も書いたとおり、一時期は非常に入手困難でした。

もし買おうかどうか悩んでいて見かけたら即買っちゃいましょう!

もし売ってない場合、公式オンラインショップ、Amazon、ナチュラム、WILD-1等を定期的にチェックしましょう。たまに入荷します。

定価3,500円というのを頭に入れておいて下さい。高かったら転売屋ですので注意!

まとめ

スノーピークのリトルランプノクターンはランタンの代わりになるほどの明るさは皆無で、実用性はありません。

ですが、この洗練されたデザインと揺らめく炎に魅入られて購入する人続出です。

キャンプって雰囲気を楽しむものでもあると思うんですよね。

ノクターンはそんな雰囲気を彩るアイテムになること間違いありません。

ぜひご興味のある方は手に入れてみて下さい。おすすめです。

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す