ふるさと納税が超簡単に!ワンストップ特例とは?

キャンプ場遠景

 前回の記事「ふるさと納税でモンベルやユニフレームのキャンプ用品をお得にゲット!」で、ふるさと納税でキャンプ用品を手に入れられるのはわかったと思います。

けど手続き大変だったらやりたくなくなっちゃいますよね?

私もふるさと納税ってお得って聞くけど税金関係の手続きって大変そうだしなーって思っていました。

でも実際やってみると、全くそんなことはありませんでした!

「ワンストップ特例制度」という簡単に手続きができる制度があります。今回はこの制度について詳しく説明します。

ワンストップ特例制度とは

確定申告が不要な人がふるさと納税をする場合、1年間の寄附先が5自治体までなら確定申告が不要となる制度です。以下の2つの条件を満たす方が対象になります。

条件①確定申告が不要な給与所得者であること!

年収2,000万円を超える人や自営業者、医療費控除を利用する方等は確定申告をする必要があります。確定申告をする時にふるさと納税の手続きも行えますので、今回は説明を割愛します。

年末頃になると源泉徴収票を会社からもらって、確定申告をしないサラリーマンが対象だと思って下さい。

条件②1年間の寄附自治体が5つまで!

ワンストップ特例のもう1つの条件は1年間にふるさと納税で寄附する自治体が5つまでということです。

ここで注意したいのは同じ自治体への寄附は何回でもOKということ。

A市、B市、C市、D市、E市、F市の6つの市に1年の間に寄附した場合は確定申告が必要になります。

一方でA市に6回寄附した場合は1つの自治体としてカウントされるので、ワンストップ特例制度は利用できます。A市に3回寄附、B市に3回寄附した場合でも、2つの市にしか寄附していないのでワンストップ特例制度が使えます。

ワンストップ特例のふるさと納税のやり方は?

ワンストップ特例の対象かどうかはわかりました。
では対象の方の実際のふるさと納税のやり方について説明します。

いくらまで寄付が可能か調べよう!

自己負担が2,000円でいくらまで寄附ができるかはそれぞれの収入によって異なります。

まずはお手元に前年度の源泉徴収票をご準備ください。

f:id:utori:20170812181559j:plain
国税庁HPより一部抜粋

こんなペラ紙が年末頃に会社からもらえると思います。捨ててしまってないでしょうか?笑 非常に重要な紙なのです!

この用紙の「③支払金額」が昨年の給与収入になります。手取り額ではないので注意してください。

実際に計算するにあたり、必要なのは「今年の給与収入」です。「昨年の給与収入」は参考にしかなりません。ですので転職等で大きく収入が変化している場合は注意が必要です。現在の給与収入で概算を計算しなければなりません。一方で賞与も含めて給与が昨年と大きく変わらないのであれば、昨年の収入をそのまま利用することができます。

今年のおよその給与収入額がわかれば、ふるさとチョイスのこのページでおよその寄附上限金額を調べることができます。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 控除金額シミュレーション

f:id:utori:20170812180554j:plain

この表に照らし合わせればざっくりとした金額は出せます。

さらに詳しい金額を知りたい場合は同じページの下部にある↓の詳細シミュレーションに入れていけば、自己負担2,000円で済む寄附金額がわかります。

f:id:utori:20170812182940j:plain

前年と給料が増えてたり減ってたりする場合は給与収入の金額を変えてシミュレーションしてみましょう。

これで自己負担2,000円で済む寄附上限金額がわかりました。1年間の合計でその金額の範囲内で寄附すれば実質自己負担は2,000円になります。

寄附の手続きをしよう!

寄附の上限金額がわかったら、その範囲内で自治体を選んで寄附しましょう。
キャンプ用品でおすすめなのは小谷村です。モンベルのポイントが返礼品としてもらえます。

先程のふるさとチョイスのHPで、小谷村と検索してみましょう。
ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 全国のふるさと納税を地域・特典・使い道から選べる
スクロールしていくと「モンベルポイントバウチャー○○pt」というリンクが出てくるのでクリックします。
f:id:utori:20170813172434j:plain
例えばこのページの一番左の15,000ptは、「5万円を寄附するとモンベルポイント15,000ptもらえるよ」という意味です。
先程自己負担2,000円で済む寄附金額がわかったので、その範囲内で寄附をします。

例えば寄附金額上限が10万円であれば10万円すべてを小谷村に寄附してもいいですし、5万円は小谷村に寄附して残り5万円は他の自治体に寄附してもOKです。今回は5万円の寄附を例に進めていきます。

先程のページの「モンベルポイントバウチャー15,000pt」をクリックすると下のような画面に移動します。
f:id:utori:20170813173300j:plain
右の「寄附を申し込む」をクリック!

名前や住所等を間違えないように入力していきます。
そして下画像のように「寄附金額」と「返礼品の選択」を確実に入力してください。
f:id:utori:20170813173919j:plain

そしてワンストップ特例をする時に必ず忘れないでほしいのがこれです。
f:id:utori:20170813174328j:plain
「寄附金税額控除に係る申告特例申請書を要望する」にチェックを必ず入れて下さい!
これにチェックを入れるとワンストップ特例を申請する書類が送付されてきます。
チェックを忘れても自分で作成することは可能ですが、面倒なのでチェックを忘れないようにしましょう。

申し込み情報の記入が終わったら寄付手続きは完了です。
ちなみに支払いをクレジットカードにするとポイントもついたりするのでお得です。

あとは郵送で返礼品が送られてくるのを待ちます。モンベルのポイントバウチャーはおおよそ2週間前後で送られてきますので気長に待ちましょう。郵便でポイント申込用紙が送られてきますので、モンベルのHPで申込みをするか、店頭に用紙を持っていけばポイント付与してもらえます。そのポイントでお得にキャンプ用品をゲットしてしまいましょう!

ちなみに、店頭に持っていった場合はポイント付与まで小一時間かかるので、店内を見て回って待ちましょう。

ワンストップ特例の最後の手続きを忘れずに!

キャンプ用品がゲットできて満足して終わってはいけません。ワンストップ特例の申請書を提出しないと翌年度の税金が減らないため実質負担が2,000円になりません!忘れないように最後の手続きをしましょう。

先程寄附をする際に「寄附金税額控除に係る申告特例申請書を要望する」に必ずチェックを入れて下さいと言ったのを覚えていますか?

チェックを忘れていなければこんな用紙が自治体から郵送されてきます。

f:id:utori:20170813180628j:plain
総務省HPより
この用紙に必要事項を記載して、自治体に返送する必要があります。
また、マイナンバーカードの写しやマイナンバー通知カード写し+運転免許証の写し等を同封する必要もあります。
記入要項等は自治体から郵送されてくる手紙に同封されていますので、よく確認の上返送してください。

もう一度書きますが、この手続を忘れると、実質負担が2,000円になりません!忘れずに行って下さい。この手続をしっかり行った場合、翌年の税金が減り、実質負担が2,000円になります。

まとめ

以上がふるさと納税のワンストップ特例制度の申し込み方法です。
もう一度手続きを整理します。

①ワンストップ特例制度が利用可能か確認する
②寄附上限金額を調べる
③上限金額内で寄附をする
④寄附する時に「申請書を要望する」にチェックする
⑤ポイント申し込み用紙が届いたらポイント申し込み、キャンプ用品をゲット
⑥特例書の用紙をマイナンバーカードの写し等と一緒に返送する

以上になります。非常に簡単ですよね?

これだけの手間でキャンプ用品をお得に手に入れられるならぜひやるべきでしょう!
みなさんもふるさと納税を活用してみてください。

関連記事

ふるさと納税でモンベルやユニフレームのキャンプ用品をお得にゲット!

ふるさと納税でビールをゲット!プレモル、エビス、よなよなエールも!

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す