ハンバーグ界最強!「炭焼レストランさわやか」の全解説

さわやかハンバーグ

 

テレビや雑誌で紹介され、全国でも知られるようになった「炭焼レストランさわやか」。

個人的には最強のハンバーグだと思っています。

逆にこのハンバーグを知ってしまうと、他のハンバーグだと物足りなくなる危険性もあり!?

そんなさわやかはどこにあるのか?おすすめのメニューは?食べ方に決まりとかないの?静岡に住んでいた私がその全てを解説します。

さわやかの基本

さわやかとは

f:id:utori:20171022112935g:plain

この赤と緑の看板が目印の、「炭焼レストランさわやか」、通称「さわやか」は静岡県にあるハンバーグを中心としたメニューを提供しているファミリーレストランです。

全国区の似たような感じだと「びっくりドンキー」とか「ビッグボーイ」とかがありますね。そんな感じをイメージしてもらえれば大丈夫です。(味とかメニューは全然違いますが)

「さわやか」ってさっぱりして気持ちいいみたいな意味だと思うんですけど、メニューはそういう意味ではさっぱりとは真逆です。

公式HPによると、さわやかの由来は、

さわやか→自然がいきいきとした状態→自然の食材に生かされている→食材に感謝の意味を込めた「さわやか」を店名にした

という連想での店名らしいです。

看板メニューの「げんこつハンバーグ」単品が税抜980円です。比較的リーズナブルですね。

さわやかの場所

この記事を書いている2017年10月現在、31店舗あります。

場所は静岡県内のみです。静岡県民のソウルフードです。

f:id:utori:20171022113652j:plain
公式HPより

関東に一番近いのは御殿場インター店、一番西は浜名湖近くの新居湖西店ですね。

御殿場インター店は行ったことはないのですが、他の行った人に聞くと、関東からの人で、とんでもない行列だそうです。普通に2〜3時間待ちもあるとか。

御殿場のアウトレットで買い物をし、さわやかを食べて帰るってコースはとても魅力的ですが、みんな同じことを考えるので、それなりに並ぶことを覚悟したほうがいいでしょう。

他の店舗も昼時はそれなりに並びますのでご注意を。

静岡県にある理由

後ほど紹介しますが、さわやかのハンバーグは鮮度が命。

中が若干赤いぐらいがおいしいため、加工してから長く運搬すると菌の繁殖などで悪くなってしまいます。

静岡の袋井にある工場で加工して店舗に配送するため、配送距離を考えて静岡県内にしか店舗を作れないんですね。

もちろん加工工場を関東に作ったりすれば店舗網を広げることはできますが、そこは経営方針との兼ね合いでしょうね。

今のところ静岡県から外に出る予定はなさそうです。

さわやかのおすすめの食べ方

f:id:utori:20171022105509j:plain
さわやかはおいしいって聞くけど、何を食べればいいのか?

さわやかに行くのが初めての場合の鉄板注文を教えます。

2回目以降は別メニューを頼むのももちろんいいですが、まずはこれをどうぞ。

注文時

メニュー

メニューはたくさんありますが、まずは何も考えず「げんこつハンバーグ」を頼んで下さい。

肉が250gです。男性は楽勝で食べられます。

女性でも食べられる量だと思いますが、不安な人は小さめの「おにぎりハンバーグ」にしましょう。肉が200gと小ぶりです。

ソース

その後、ソースを聞かれます。

「オニオンソース」と「デミグラスソース」の2種類です。

これも迷わず「オニオンソース」を選びましょう。

店内を見回しても、デミグラスソースを選んでいる人はほとんど見かけません。

ぜひ「オニオンソース」と「デミグラスソース」の注文割合を知りたいものです。

ちなみに、ソース2種類の「ハーフハーフ」もできるようです。数十円の追加料金が必要なようですが。食べ比べたいひとはこれもありです。

ですが、断然「オニオンソース」がおすすめなので、初めてはこれにしましょう。

焼き加減

その後、必ず「中は少し赤いくらいがおいしいですが、それでよろしいですか?」というような意味のことを聞かれます。

特に問題なければ「いいです」と答えましょう。「よく焼き」とかもできるようですが、赤いくらいがおいしさのキモですので、

よほど抵抗感がなければそのままにしましょう。上記の通り、工場直送の新鮮なお肉なので安心です。

セットメニュー

  • Aセット・・・ライスorパン+コーヒーor紅茶
  • Bセット・・・ライスorパン+サラダ
  • Cセット・・・ライスorパン+スープ+コーヒーor紅茶
  • Dセット・・・ライスorパン+サラダ+コーヒーor紅茶

お好みのセットをどうぞ。

私はいつも「Bセットライス」または「Bセットライス大盛り」を頼んでいます。(追加料金で大盛りができます。確か+50円くらいでした)

注文まとめ

「げんこつハンバーグ」「オニオンソース」「中は赤目で」。これを唱えられれば注文はバッチリです。メニュー見ないで頼めたら通っぽくなるでしょう笑

セットメニューはお好みで。

ハンバーグ到着時

f:id:utori:20171022112712j:plain

名前の通り、げんこつのような塊肉で手元に来ます。定員さんが、写真のように2つに切って開いてソースをかけてくれます。

テーブルに準備してある紙マットを手前に引き、手前半分を上に立てて奥半分にハンバーグのプレートを乗せます。マットで油ハネをガードします。

ソースもかけてもらって大丈夫です。

注意することとしては、ソースを掛けたときの油ハネがすごいので、机の上にスマホなどを置く際は注意しましょう。椅子においたカバンなども注意です。

食す

油ハネがおさまったら、食べてOKです。

紙マットは折りたたんでプレートの下に入れたり、ずらして戻してキレイにひいたり、外したりと人それぞれです。

折りたたんですっとプレートに挟むのが個人的にはスマートな気がします。

中は若干赤いですが、「牛肉100%」「ブロック肉使用」「毎日製造」と安全には特にこだわっているので、安心して食べて下さい。

赤いのが気になる人は、鉄板が熱いので押し付ければ少しならば調整できます。

おいしい肉汁とオニオンソースのハーモニーが口の中に広がります。

250gって多そうに感じますが、おいしくて一瞬で食べきってしまいます。

中毒になること間違いなしです。

あーまた食べたくなってきた。

おすすめサイドメニュー

f:id:utori:20171022105732j:plain

げんこつハンバーグとセットメニューだけで十分満足できますが、個人的におすすめでいつも頼むのが、「ピリ辛ポテト」。

この写真の奥に少し見えているやつです。

名前の通りスパイスがかなり効いていて、ピリ辛感が癖になります。

入店時に頼むとハンバーグより先に運ばれてくるので、セットメニューのサラダとピリ辛ポテトが待ち時間のいい感じのおつまみになります。

ぜひ頼んでみてください。

気になるお値段は!?

お値段ですが、いつも私が食べるメニューがどれくらいになるか計算してみます。2017年10月時点のお値段です。

価格
げんこつハンバーグ 980円
Bセット 380円
ピリ辛ポテト 250円
小計 1,610円
税込 1,738円

ピリ辛ポテトは数人でシェアすればもっと安くなりますし、なくてもいいので、ハンバーグとセットだけだと約1,500円!

どんな高級なお店のハンバーグよりおいしいハンバーグだと思っていますので、コスパは抜群です!

さわやか攻略法

さわやかは昨今のメディアの紹介もあり、超人気店になっています。

なるべく並ばずに食べるためのアドバイスをいくつかご紹介します。

人気店を避ける

御殿場インター店や新静岡セノバ店など、人が多く集まるところは長い行列になります。

もし他の店舗へ車で移動できるのであれば、人が集まりにくそうな場所を狙って行くのがいいでしょう。

「げんこつおにぎりフェア」開催時を避ける

「げんこつおにぎりフェア」、以前は「創業価格フェア」という名前でした。毎月フェア期間中は通常よりお得な値段で食べられます。

ですが、この期間は地元の人たちも多数来店する期間になりますので、とてつもなく並びます。

1度行って4時間待ちと言われて諦めた記憶があります。

もし遠方から行く際は、多少高くてもフェア期間外のほうが並ぶ時間が少なく食べられますので、そちらをおすすめします。

その月の日程は公式HPに公表されていますので、チェックしましょう。

狙い目は「土曜日、10時45分」

平日の夜とかに行ければそれほど混んでいませんが、遠方からだとやはり土日に静岡行ってついでに食べるということが多いでしょう。

また、月〜土の昼は「ランチメニュー」となっており、お得なお値段になっています。

よって狙い目は「土曜日、10時45分」です。

11時開店ですので、開店直前から並んでおけば最初の1回転目に入店できます。待ち時間がほとんどありません。

かつ、元々リーズナブルな上にさらにお得な値段で食べられます。

土曜日の10時45分を狙ってみて下さい。

まとめ

静岡県民のソウルフード「さわやか」をご紹介しました。

私は静岡出身ではないのですが、以前静岡の浜松で仕事をしていたことがあり、月に1回はさわやかに行っていました。

浜松に住んでいる際、名古屋で友人とランチをした時に「おすすめのハンバーグがある」と言われ、1人2,000円以上もするハンバーグを食べました。

もちろんそれなりにおいしかったのですが、既にさわやかを知ってしまっていた私はどうにも物足りなさを感じ、かつ、さわやかの味が恋しくなり、その日の夜ご飯に、浜松に帰って、さわやかのハンバーグを食べるという暴挙をしたことがあります笑

それくらいおいしい、是非1度は食べてほしいハンバーグです。

静岡に行く際はさわやかに寄ってみて下さい。

このブログのキャンプとの関連で言えば、竜洋海洋公園オートキャンプ場という高規格キャンプ場が静岡にありますので、そちらに行った際はぜひ。

合わせて読みたい

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す