キャンプお役立ち情報

スノーピーク2018年の新商品を紹介!

カタログ画像

スノーピークの2018年のカタログが届きました。

2018年の新製品が載っています!

魅力的なギアが多くて物欲がくすぐられます笑

気になったものをいくつかご紹介します!

スピアヘッド Pro. M/L

スピアヘッド画像スノーピークHPより

満を持してスノーピークのワンポールシェルターのスピアヘッドProが登場です。

複雑な形状だからか張り綱がたくさんあって設営は大変そうですが、中は広々してていい感じです。

スピアヘッド内部スノーピークHPより

なんと、ドッキングもできちゃいます!

スピアヘッド同士だったり、ランドブリーズやアメニティドームなどのスノーピーク製品ともドッキングできます。

秋冬のグループキャンプで便利そうですね。

お値段は小さめのMサイズで税別128,000円、大きいLサイズで税別158,000円とさすがのスノーピーク価格。

詳しいスペックなどは公式HPに出ているので見てみてください。

スノーピークスピアヘッドPro.L

エントリーパックTT

エントリーパックTT画像スノーピークHPより

新しくキャンプを始める人に最適なセット。

「ヴォールト」という新しいテントとヘキサタープ(見た感じと大きさなどのスペック的にアメニティタープヘキサLでしょうか?)がセットになった製品です。

ヴォールトは吊り下げ式のインナーテントになっており、外せばシェルターとしても使えます。

ヴォールト画像スノーピークHPより

一番の特徴は小川張りが最初からできるテープがついていること!

[memo title=”小川張りとは”]小川キャンパルというメーカーが開発した、テントとタープを一体で張る方法です。上の画像のように、片方のポールをテントの後方に立て、テントの上をテープが通ってるような張り方です。俗称で小川張りと呼ばれています[/memo]

関東近郊のキャンプ場だとサイトが小さくて、テントと大きなタープを2つ張れないところもありましたが、小川張りができればその心配がなくなります。

これまでは小川張りをするためにキャンパーはロープを自作したりしていましたが、初心者にはハードルが高かったので、これは便利ですね。

値段もセットで税別49,800円とかなりの良心的な価格。

これからはキャンプを始めるならまずは「エントリーパックTT」を買っとけ!となりそうな予感です。

4月発売予定です。

公式HPはこちら

スノーピークエントリーパックTT

スポンサーリンク

ミリタリーシュラフ

ミリタリーシュラフスノーピークHPより

ミリタリー用に設計したというシュラフです。

あえて過酷な環境でも使えるよう、化繊で作ったとのこと。

快適使用温度3度、下限温度−3度です。

収納サイズはφ24×40cm。

スペックはモンベルのバロウバッグ#2に近いでしょうか?

色は緑と茶色の2色展開。

値段は19,800円とちょっとお高め。

あとは使用感次第でしょうか。

公式HPはこちら

ミリタリーシュラフ

ステンジャグ

ステンジャグ画像スノーピーク2018カタログより

個人的に気になったのがこれ。ジャグです。

確かにスノーピークにジャグってなかったですね。

ステンレスにスノーピークのロゴがおしゃれ。

木の台座もいい感じです。

公式HPにもまだ載っておらず、発売時期は未定です。

スノーピーク価格の税別34,800円となかなかですが、他の人と一味変えたいのならばいいかもしれません。

スポンサーリンク

コージングリル

コージングリルスノーピーク2018カタログより

万能グリルです。

68,000円!

見なかったことにしましょう。

カタログ落ちしたもの

残念ながらカタログ落ちしたものもあります。

幕物だけいくつかご紹介します。

  • タシーク
  • トルテュライト
  • トルテュプロ
  • ランドステーションPro.M
  • エルフィールドヘキサPro
  • カヤード

廃盤になると思うので、手に入れたい方はお早めにどうぞ。

スポンサーリンク

カタログを手に入れるには?

いくつか新製品を紹介してきましたが、カタログには他にも新製品が載っていますし、発売中の製品も載っています。

さらに2018年のカタログはスノーピーク60周年ということで、これまでのスノーピークの歴史も書いてあります。

「スノーピーク「好きなことだけ!」を仕事にする経営」を読んだことがある人はだいたい知っていることばかりではありますが、読んだことない人には興味深い内容なんじゃないでしょうか?

2018年のカタログを手に入れるには、スノーピークのポイントカード会員になれば1冊は無料でもらえます。

会員でなければカタログ購入に1,000円かかるので、もし会員になってなければこれを機になってしまいましょう。会員登録は無料ですので。

こちらのページでカタログの申込はできます。欲しい人は忘れずに申し込みましょう。

スノーピークカタログ案内

まとめ

スノーピークの2018年新製品情報とカタログのご紹介でした。

2018年もスノーピークは魅力的なギアをたくさん発信するようで、目が離せません。

個人的にはステンジャグが気になったので、高いですが、もしかしたら妻に内緒で買っちゃうかもしれません笑

早く発売しないかなー!

ブログランキングに参加しています。
下のバナーをクリックして頂けるとポイントが増えます。
応援のほど、よろしくお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
ABOUT ME
うとり
「親子の体験&遊び」をテーマにファミリーキャンプや旅行の情報を発信している30代ブロガー。気になったデジモノなども紹介。シーズン中は月1でキャンプ出撃。サラリーマンの1児のパパ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。