【初心者向け】おすすめ焚き火台の選び方

焚き火

今回は焚き火台の選び方について説明します。

キャンプ用品として推奨されている焚き火台。そもそもなんで焚き火台が必要なのでしょうか?たくさん種類がありますが、定番・おすすめの焚き火台はどんなものがあるのでしょうか?

必要な理由とおすすめの焚き火台をご紹介します。

焚き火台が必要な理由とは?

国内の多くのキャンプ上で、焚き火をする時には焚き火台の利用が必須になっています。「直火禁止」となっているところがまさにそれです。

なぜ焚き火台が必要なのでしょうか?

焚き火台を使わず、地面で焚き火をする(=直火)と、地面に生えている草が燃えてしまいます。さらに、熱で地面にいる微生物が死滅してしまいます。

微生物が死んでしまうと、土が死んでしまい、そこから草が生えなくなってしまいます。

キャンプは自然の中で楽しむものです。自然に感謝をし、自然を壊さないようにしなければなりません。

よって、「直火禁止」となっているところで焚き火をするには焚き火台が必要です。また直火OKでもなるべくなら焚き火台を使いたいところです。

ちなみに、大人気キャンプ場の大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラは、焚き火台が必須な上に、さらに焚き火台の下に専用の板を敷かなければなりません(その場で無料で借りられます)。

ファイアハンガー

この写真の焚き火台の下に敷いているのがその板です。徹底していますね。

参考記事⇒大人気キャンプ場の大子グリンヴィラは期待通りで大満足!

焚き火台を選ぶ上でのポイント

焚き火台を選ぶ上でのポイントを説明していきます。

1.BBQに使うか

焚き火台はBBQに使えるものもあります。むしろBBQに使える焚き火台があれば、BBQ用のコンロは必要ないことがほとんどです。

BBQ用コンロはこういうものです。

焚き火台で代用できれば、特に必要ありません。BBQもしたいのであれば、BBQができる焚き火台を選ぶようにしましょう。

2.大きさ、重量

ポイントは「キャンプの人数」、「移動手段」です。

焚き火台は形状は様々です。形状によって収納時にどれだけ小さくなるかが変わってきます。小さいほうが運搬には便利ですね。

一方で小さすぎると、焚き火の火が小さくなり、焚き火料理に必要な火力が十分得られなくなります。また、BBQをする時に肉を焼くスペースが小さくなってしまいます。

使用人数が推奨されているものもあるので、参考にしながら選びましょう。

また、重量にも違いがあります。車で行くオートキャンプではそんなに気になりませんが、移動手段によってはそこも選ぶポイントになります。

おすすめの焚き火台

それではおすすめの焚き火台を3つご紹介します。

1.スノーピーク焚き火台

定番中の定番。スノーピークの焚き火台です。キャンプ場でもたくさん見かけます。

形状もかっこいいですし、囲んでいる4枚の板の熱に対する耐久性は抜群です。

板の部分をたたむと収納時もだいぶコンパクトになります。

反面、頑丈な代わりに板が厚いので重量があります。

また、スノーピーク製品ということもあり、値段は高いです。中間のサイズのMサイズで12,600円+税です。

BBQ用網は付属していないので、別途購入する必要がありますね。

サイズはS、M、Lの3サイズ展開です。4人以上でBBQをするのであれば、Lサイズがよさそうです。Mサイズの推奨人数は公式では2〜3人となっています。4人が限界でしょう。2人以下であればSで大丈夫です。

2.ユニフレームファイアグリル

スノーピークの焚き火台に負けず劣らず定番なのが、このユニフレームファイアグリルです。

板が薄く見えますが、意外と耐久性はあります。

中板(空気穴が開いている板)は熱で曲がってしまいますが、機能的には問題なく、外側の板は曲がる気配はありません。

ファイアハンガー

この写真の右下の焚き火台がユニフレームのファイアグリルです。中板は曲がっていますが、外側の板は曲がる気配はありません。

スノーピークの焚き火台と比べれば劣るかもしれませんが、耐久性は十分あるんじゃないでしょうか。

重量はスノーピークの焚き火台に比べれば軽いです。ただ、外側の板の部分は折りたたむことができないため、収納サイズはそこそこ大きくなります。

BBQ用の網が付属しているのは嬉しいところ。これさえあればBBQもできます。

それでいて、値段は通常サイズで税込6,900円と、スノーピークの焚き火台に比べてかなり安くなっています。

一回り大きいラージサイズもあります。人数が4人くらいまでは通常サイズで大丈夫ではないでしょうか?

ちなみにユニフレーム製品はふるさと納税でお得にゲットできちゃいます。詳しくは「ふるさと納税でモンベルやユニフレームのキャンプ用品をお得にゲット!」をご覧ください。

3.コールマンファイアーディスク

これは2016年に発売されたコールマンの焚き火台です。

円盤型の形状が話題になり、グッドデザイン賞も受賞しました。

その形状からか空気の循環もしっかりするので火付きもよく、使い勝手もよさそうです。

耐久性についてはまだ発売されてから時間がたっていないこともあり、十分な検証がされていないようですのでこれからですね。

この製品もBBQ用の網が最初から付属しています。

値段は2017年11月現在でamazonで税込4,000円+αです。かなりお手頃な価格です。

一番のおすすめ焚き火台は?

3つの焚き火台をご紹介しました。どれも一長一短あります。

あえておすすめなタイプを分類するとこんな感じでしょうか?

スノーピーク→耐久性重視、値段は気にしない、スノーピーク好き

ユニフレーム→バランス型

コールマン→他の人と被らないもの、値段重視

個人的にはユニフレームのファイアグリルを使っていますが、全く不満なところがないので、おすすめしておきます。ふるさと納税を使えばお金の心配もありませんし。

まとめ

焚き火をするには焚き火台が必要になります。

BBQに使えるものを中心にご紹介しましたが、今回紹介した以外にもいろいろな焚き火台が出ています。

大きさや重量は実際に見てみないとわからないところもあるので、近所のアウトドアショップに行っていろいろと見比べてみましょう。

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す