【初心者向け】テントの選び方のポイントはこれ!オススメのテントは?

テント画像

今回はテントの選び方についてです。

キャンプにおいてテントは大切。

安い買い物ではないのでこだわりたいですよね。

選ぶときのポイントや気をつけることをお話します。

何人用のテントを買えばいい?

まずは大きさです。

テントには「○人用」と書いてあります。ですが、実際の使用人数+1〜2人のものを買うのがベストです。

テントの中には着替え等の荷物も入れることになります。人数ぴったりだと寝るスペースがキツキツになってしまいます。

実際使用する人数よりも若干多めのものを選ぶようにしましょう。

耐水圧って?どのくらい必要?

耐水圧とはどのくらいの水に耐えられるかという数値です。

雨が降ってくるとテントに水が染み込まないようになっていますが、雨の量が多いと雨漏りしてしまいます。

日本でキャンプをする場合は耐水圧が1,500mmあれば大丈夫と言われています。

コールマンやスノーピーク等のメジャーなアウトドアメーカーのテントは大体1,500mm以上ありますので、あまり気にする必要はありません。

あまりに安物のテントや海外製のテントは注意が必要です。安物は耐久性への不安がありますので、信頼できるものをおすすめします。

どんな形のテントがいい?

テントにはいろいろな形があります。

それぞれ特徴がありますので詳しく説明していきます。

ドーム型テント

ドーム型テントとは、2本のポールを交差させ、反らせることで広い空間を確保しているテントです。

オーソドックスなテントと言えるでしょう。最初買ったテントはこの形のテントという人も多いと思います。

最近のドーム型テントは前室と呼ばれる寝室前のスペースがついているものがポピュラーです。

前室は寝る時に夜露に濡らしたくないものをしまう時便利です。これから購入する方は前室付き選ぶのをおすすめします。

  • 良い点・・・設営が簡単、テント内が広い、風雨に強い
  • 悪い点・・・他の人とかぶる、リビング用のタープが必要

設営は簡単です。1人でも十分設営可能で慣れれば30分もあれば設営可能です。

テント内も広く、中で立つことも可能なものもあります。

ドーム型という形なので風を受け流すことができるため風に対して強いです。

インナーテントと呼ばれる内側の布とフライシートと呼ばれる外側の布の2枚になっていることが多いので、雨の侵入も起こりにくいです。

一方で、あまりにオーソドックスなので他の人とかぶり個性が出しにくいという欠点があります。

また、基本的には寝室になるので、昼間に日陰でゆっくり過ごすスペースとしてタープやシェルターが別途必要になります。

代表的なものとして、コールマンのタフワイドドーム、スノーピークのアメニティドームがあげられます。

タフワイドドームは高さが185cmと男性でも立つスペースが確保されているのが特徴です。

耐水圧も2,000mmと十分です。

実売3万円程度と性能の割に手が出しやすいのも魅力でしょう。

 

私も使っているアメニティドーム。

高さ150cmと低めで男性は中で屈む必要があります。ただし背が低い分風には強いです。

前室が非常に広いのがこのテントの特徴。夜は色々なものを放り込んで置けます。また別売りのポールを用意すれば狭いですが簡易的なリビングスペースにもなります。少人数であればタープが不必要な場合もあります。

価格は3万5千円くらいとタフワイドドームと比べれば高いですが、他のスノーピーク製品と比べれば圧倒的に安い!

エントリーモデルなので比較的安価に設定されているようです。

個人的には形も好きです。

2ルーム(ツールーム)テント

リビングスペースとテントが合体している2ルームテントです。テントとシェルターをドッキングしているタイプや、大きいシェルターの内部にテントを吊り下げたりしているタイプがあります。

  • 良い点・・・高い居住性、雨天時に快適、虫が入りにくい、
  • 悪い点・・・設営が大変、夏暑い、開放感減

広いリビングスペースが取れ、快適です。リビングスペースとテントスペースがつながっているので、雨天時にも濡れずに行き来できます。

タープだとどうしても虫が寄ってきてしまいますが、2ルームテントの場合は入口を閉じられるので、虫が入りにくいです。虫嫌いな奥様にはもってこいだと思います。(ただし虫が入り込んだ場合外に出しにくいので大変という問題も発生しますが・・・)

一方で巨大な幕になるので、設営が大変です。最近のものは1人でも立てられますが、2人以上いるのがベストです。

また風が通りにくく、夏は暑かったり、開放感が少ないというデメリットもあります。ただし秋冬キャンプ等の寒い時期はメリットにもなるでしょう。

代表的なものとして、コールマンのタフスクリーン2ルームハウス、スノーピークのランドロックをご紹介します。

比較的安価に手に入るコールマンの2ルーム。シェルターとテントがドッキングしているような形状です。

シェルター部分の3方が開くので、風通しもそこそこよく、熱もたまりにくいでしょう。

 

キャンプ初心者向けページに載せるのを迷いましたが・・・

スノーピークの超大型2ルーム。巨大シェルターの中にテントを吊るすタイプです。

快適な居住性と耐久性を併せ持つ2ルームです。

ただし問題は値段・・・税込定価17万超えとなかなかの価格です。

簡単に手が出る値段ではありませんが、その風格とカッコよさは他を寄せ付けません。

キャンプ用品を見てたらスノーピークにドハマり!2ルームがほしい!どうせキャンプいっぱい行くから最初からいいものを!と思うお財布に余裕のある方はぜひご検討ください。

ワンポールテント(モノポールテント)

名前の通りポール1本で立つテントです。

おしゃれな見た目と設営の簡単さで最近人気急上昇中です。

  • 良い点・・・設営が簡単、中で人が立てる、見た目がおしゃれ
  • 悪い点・・・ペグダウンが重要、風雨に弱い、真ん中以外のスペース活用が難しい

まだまだワンポールテントを使う人は少なめなので、おしゃれで個性的なサイトを作れます。

設営はテントの周囲をペグで止め、中のポールでピンと立てるだけです。簡単に終わる一方、ペグダウンがしにくい地面だと上手く張るのが難しいという欠点にもなります。

形を見ればわかるように、中心部は高さがあり十分に立てますが、周辺部分は天井が低いので荷物置きにしか使えないというデメリットも。

最近のワンポールテントは雨風にも強くなっていますが、安心感はドーム型テントには敵いません。

ペグがうまく打てないと立てられないのと、ドーム型テントのほうが安心なのでどちらかというと中級者以上向けでしょうか。

代表的なものとして、ロゴスのナバホ、ドッペルギャンガーのワンポールテントをご紹介します。

設営が早くて楽!アウターのデザインもおしゃれで目立つこと間違いなしです。

 

紫の色が目を引くテント。1万円とコスパも最高です。

キャンプスタイルを考えて選ぼう!

ここまで書いてきた通り、色々なテントがあります。選ぶのに迷ってしまいますよね。それが楽しかったりしますけれども笑

選ぶ時のポイントとしては、どんなスタイルでキャンプをしたいかを想像してみることです。

リビングは開放感のあるタープがよければドーム型テント、雨での移動が楽で広い居住スペースを確保したいなら2ルーム、テントもおしゃれにこだわりたいならワンポールなどなど、どんなキャンプをしたいか想像してみましょう。

それぞれのテントで色や形も違うので、他の道具とマッチするかどうかも考えるのもポイントのひとつです。

よくわからなければ、同じ幕物であるタープとテントのメーカーを統一するとそれっぽくなります。

とりあえずこれ!ってテントは?

いろいろあるのはわかった。で、とりあえずこれを買っとけってのはどれ?って人におすすめするのはこちら。

私も使っているアメニティドームです。

高価なものが多いスノーピーク製の中では比較的安価。広い前室が便利。耐久性も高く何十泊しても壊れません。

最初のテントにはぜひおすすめです。

まとめ

いろいろなテントをご紹介しました。

色々な種類のテントがありますので、メリット・デメリットも踏まえてよく考えて選びましょう。

自分に合ったぴったりのテントに出会えるといいですね!

いつもクリックありがとうございます
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメントを残す