キャンプをはじめるか迷っている人へ

はじめてのキャンプ講座を始める前に、「キャンプやろうよ!」って話をしたいと思います。

キャンプをはじめようか迷っている人は、ぜひ読んでください。

なぜ今、キャンプなのか?

キャンプ画像2

今、キャンプを始める人が増えています。

かく言う自分もその1人。

子どもの時にキャンプに行ったことはありましたが、しばらくキャンプからは遠ざかっていました。

けれど、大人になって突然キャンプを始めたくなりました。

 

なぜ今、キャンプをする人が増えているのでしょうか?

 

それは、「非日常」を求めている人が増えているからだと思います。

 

キャンプってとても不便です。

家であれば簡単にできたことが、ろくにできなくなります。

家にいれば雨風を防げます。

スイッチ1つで明るくなり、リモコン1つで冷暖房がつき、ふかふかのベッドで寝ることができます。

 

しかしキャンプでは必要なものを準備し、組み立てなければ使うことができません。

使えたとしても家より寒かったり、暗かったり。

 

けれど、自宅では決して手に入らないものが、キャンプにはあります。

 

それは、「体験と時間」。

 

テントを立て、火を起こして料理をし、焚き火で暖を取りながら仲間や家族と語り合う。

大自然の空気を吸いながら、外でコーヒーを淹れてゆっくりと時間を過ごす。

 

毎日仕事に追われ、時間に追われている私たちには、その非日常的な体験と時間が最高の「贅沢」なのです。

 

そんな贅沢を求めてキャンプをする人が増えているのだと私は思います。

キャンプを始めたい!

キャンプをしたい!

自然の中で贅沢な時間を過ごしたい!

焚き火をしたい!

 

そう思ったら、次はこんな疑問が湧いてくると思います。

 

道具は何が必要なんだろう?

知識が何もないけど大丈夫なの?

そもそもまずは何をしてどこに行けばいいの?

キャンプをしたことがない人にとってはわからないことだらけ。

ハードルが高く感じてしまうかもしれません。

 

でもキャンプって全然難しいことじゃありません

 

もちろんただ泊まるだけのホテルと違って、テントを組み立てたり、火を起こしたりとやらなければいけないことはあります。

 

しかし、それをやってこそのキャンプ。

不便なことが楽しくないと大変です。

 

そう言う意味では人を選ぶ娯楽なのかもしれません。

 

けれど、不便さを楽しむと言っても限界があります。

初めてキャンプに行ったのに、ただ大変なだけで楽しめなかった。

もう行かないでいいや。

こんなことになってしまったら、もったいないですね。

次に行ったら慣れてきて、楽しくなるかもしれないのに。

 

初めてのキャンプは大変だったけど楽しかった!

また行きたい!

こうなるのが理想です。

 

こう思ってもらえるためには、少しばかりの準備と知識が必要です。

 

じゃあ準備はなにをしたらいい?何を知っていればいい?

そんなキャンプについて知っておいたほうがいいことをまとめようと思い、「はじめてのキャンプ講座」を作りました。

キャンプを始めたい、けれど大変そうだからどうしようと迷っている人の背中をそっと押し、1人でもキャンプを楽しむ人が増えればいいなと思っています。

キャンプは自由に楽しむ!

焼きマシュマロ

キャンプって「こうやらなければならない」と決まってはいません。

最低限のマナーさえ守れば、何をしようが自由です。

このブログに書いてあることが全てではありませんし、強制するものでもありません。

どんな道具を使おうとも、どんな料理をしようとも自由です。

たとえおしゃれじゃなくたって、いい道具を使わなくたって自由です。

 

だって、キャンプをしたいと思った理由ってなんですか?

 

不自由な日常からの解放」ですよね?

 

だから自由に楽しめばいいのです。

 

「はじめてのキャンプ講座」では、キャンプを自由に楽しむための最低限の知識をまとめています。

 

そこからどのように楽しむかは、自由です。

 

ではさっそく、「はじめてのキャンプ講座」を始めましょう。

 

次の記事へ>>>【第1回】キャンプ初心者が最初に準備しなければならないこと○つ

一覧へ戻る>>>「はじめてのキャンプ講座」サイトマップ